/* アクセス解析(Google Analytics 等)の Javascript は、?> 以降に書いてください。 (Javascript of Access analysis (Google Analytics etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

私が使っている3つのカメラ




物事を伝えるのに、言葉だけで伝えるのはすごく技術の要ることです。

伝えるためにイメージは大切

特に、文字だけでの伝達手段であるバーバルコミュニケーションでは、意図したことの2割しか伝わらないとも言われます。

身振りや手振り、目線や声の強弱など、文字にならないコミュニケーションであるノンバーバルコミュニケーションが、コミュニケーションの8割を占めるとも言われています。

ブログやフェイスブック、ツイッターなどで物を伝えるとき、身振りや手振り、目線や声の強弱などを伝えるのは困難ですが、それを補う手段として写真やイメージ画像などは大変有効な方法だと思います。

だから私は、言葉よりも写真を多く使います。柔道の練習や試合のときなどは、カメラを構えている時間の方が長いかもしれません。

私が使っているカメラは主に3種類です。

キヤノンEOS KissX50

メインはキヤノンのEOS KissX50です。一眼レフの入門機で、赤いカメラです。

 border=  width=

一眼レフにしては小さく、軽いカメラで、使いやすいと思います。機能的にはかなり物足りない部分も出てきましたが、ブログ用の写真を撮るには十分ですね。

SONY NEX-3N

次に使っているのは、ソニーのミラーレス一眼でNEX-3Nです。ミラーレス一眼のなかでも、コンパクトデジカメ並に小さく軽い、白いカメラです。

 border= width=

コンデジ並みの大きさと軽さですが、ミラーレス一眼です。撮像素子のサイズもAPS-Cで、上のEOS KissX50と同じサイズです。

画質はもしかしたらこちらの方が上かもしれません。 こいつの弱点は、光学ファインダーが無く、常に液晶ビューのため、バッテリーの減りが早いことと、撮影した後に次のシャッターを押すまでに待ち時間があり、シャッターチャンスを逃しがちであることです。

カメラがなければスマートフォン。でも・・・

これらのカメラを使えない場面で活躍するのは、スマートフォンです。

しかし、やはりスマホのカメラはスマホのカメラ。補助的にしか使えません。

カメラの性能は解像度だけではありません。同じ解像度であっても、35ミリフルサイズのカメラと1/3サイズや1/3.2サイズのスマホのカメラでは、画質に月とスッポン以上の差が出ます。

http://hiro365.tarohiro.com/2015/03/03/camera-2/

撮るからにはやはり、良い画質で取りたいし、良い画質で伝えたい。その写真から、何か伝わるものがあるかもしれません。

だから、私は少々重くても、ケイタイでないカメラを携帯するようにしています。

 

こちらの記事もどうぞ

一眼レフを選ぶ決め手は画素数ではありませんよ

物欲

Posted by Hirota