/* アクセス解析(Google Analytics 等)の Javascript は、?> 以降に書いてください。 (Javascript of Access analysis (Google Analytics etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

私の注目している2つの変わり恵方巻き 今年の恵方は西南西




節分に恵方巻きを食べる習慣は、いつのまにやら根付いた感があります。

恵方巻きとは

eho

この恵方巻き、平成10年にセブンイレブンが「丸かぶり寿司 恵方巻き」と商品名に採用してから広まったようです。

元々は太巻き(巻き寿司)を節分の夜にその年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かじり(丸かぶり)するという習わしが大阪を中心にあり、それが広まったとのことでした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%96%B9%E5%B7%BB

うちでも数年前から節分は巻き寿司

我が家でも、数年前から節分の日には豆まきと恵方巻きというスタイルが定着しています。

ですので、2月3日は帰宅すれば確実に夕食が巻き寿司です。たまにはいいのですが、夕食が巻き寿司とわかっている状態で、家に帰るのがすごく楽しみかというと、そうでもありません。

今年興味をそそる変わり恵方巻きが二つ

そんな中、今年めっちゃ興味をそそる変わり種の恵方巻きが2つあります。2月3日にはこっそり買って帰ろうかと思っている2つです。

くら寿司まるごといわし巻

iwashi

ひとつは「くら寿司まるごといわし巻」です。インパクトが絶大ですね。いわしがまるごと1匹、巻き寿司に巻かれています。中骨は抜いてあるそうで、本当に丸かぶりできるようです。ただ、この頭と尻尾もそのまま食べられるのでしょうか。

恵方サブ

ehosub

もうひとつは、サンドイッチショップのSUBWAYが出した「恵方サブ」です。30cmの超ロングサイズのサンドイッチを、恵方を向いて頬張るのだそうですが、もはや寿司ではありません。でも、この恵方サブが夕食で待っているなら、ワクワクして帰宅できる気がします。

イベントには乗ったもの勝ち

要はイベントです。誰かが作ったイベントです。こういったイベントには、乗っかって楽しんだもの勝ちだと思います。

斜に構え、「巻き寿司食って、何になるんだよ」と、物事を斜めから見てシラケていても何も楽しくないですよね。

節分も、クリスマスも、お正月も、ハロウィーンも、乗っかったもの勝ちです。楽しみましょうよ。

2月3日には、実際に食べた恵方巻きをレポートしたいと思っています。

食べ物

Posted by Hirota