100分の1と10万分の1000は同じ数ですか?|数学的には同じ数です




数学的には同じでも、実際には違う数ってあるんですよ。

100分の1と10万分の1000

11144459_923959384349205_310709862707758923_n

100分の1と10万分の1000は、数学的には全く同じ数を表します。

これが違う数だと言ったら、数学の先生の怒られます。

しかし、私はあえてこれを「違う数」だと主張します。数学の先生ですが。

100人の中の一人

100人の集団がいたとします。中学や高校の1クラスが40人だとすると、約3クラス弱の人数です。

朝礼のグラウンドで、この100人が並んでいたとしましょう。校長先生が話をしているとき、そのど真ん中の一人がふと右を向いたところで、これは全体にほとんど影響を及ぼさないでしょう。これが100分の1です。

10万人の中の1000人

10万人の集団がいたとします。ソフトバンクホークスの1試合平均の観客数が約3万3千人ですから、ホークス戦の3試合分の観客数の人数です。

大きな広場に、この10万人が並んでいたとしましょう。ステージで演説があっているとき、そのど真ん中に固まっている1000人が一斉に右を向いたとしたら、つられて右を向いてしまう人は100人や200人では済まないでしょう。これが10万分の1000です。

集団に与える影響

集団に与える影響と考えると、100分の1と10万分の1000では比べ物にならないほどの差があります。

どうでしょう。数学的には同じ数ですが、「同じ」で片付けられるものではないと思いませんか。