発信力は聞いてもらってなんぼ|誰も聞いてない名言は言わなかったのと同じ




今年の1月から、このブログでいろんなことを書いています。情報の発信、言いたいことを伝える力を向上させることが私の目標です。

誰も聞いていなければ

11705378_936571836421293_7296048173057350095_n

ブログを更新したら、FacebookTwitterで更新したことを告知しています。

しかし、最近思うのです。ブログで書いたことを誰も読んでいないのなら、それは書いていないことと同じです。ブログを更新したことをTwitterで告知しても、フォロワーがいなくて誰も告知を見ていなければ、それはつぶやいていないのと同じことです。

どんなに立派で、歴史に残るような名言を発しても、それを誰も聞いていないのであれば、それは言わなかったのに等しいんです。

― and that government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the earth.

誰もが知っているアブラハム・リンカーンの演説も、誰も聞いていなかったら歴史には残っていません。

われ思う、故にわれあり。

デカルトの有名な名言も、誰も聞いていなければ、誰も知りません。

あきらめたらそこで試合終了だよ

安西監督のセリフですね。何千万人の人がこの漫画を読み、このセリフを目にしたのでしょう。みんなが見たからみんなが知っているんです。

PV(ページビュー)

ブログにおいて「聞いてもらう」は、すなわちPV(ページビュー)の数で計ることができます。PVについて、いろいろと言う方がいらっしゃいますが、私はPVは大切だと思います。

「良い記事にPVが多い」は必ずしも正しくはないと思います。PVが少なくても素晴らしい記事はあります。

「PVが多い記事は良い記事」というのは確実にバツですね。PVが多くてくだらない記事はあふれるほどあります。

「発信した記事にPVを集め、良い情報であればさらにPVが集まる」これが正しいあり方だと思います。口コミで広がるにしても、最初に誰かが見なければ広がりません。まずは見てもらうことがスタートです。

PVを集めるために

私が告知に使っている方法は、FacebookとTwitterです。

Twitterの運用は基本的にクローズでやってきました。しかし前述の通り、誰も見ていないつぶやきはただの独り言です。なんの意味もありません。そこで、Twitterをオープンにし、たくさんのフォローを集め、それがどのくらいPV数アップに繋がるか、検証してみることにしました。

現在、Twitterで毎朝、前日のPV数をつぶやくことにしています。よろしければフォローしていただき、見守っていただけたらと思っています。下にフォローのボタンがありますので、よろしくお願いします。