/* アクセス解析(Google Analytics 等)の Javascript は、?> 以降に書いてください。 (Javascript of Access analysis (Google Analytics etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

愛を伝える数式|数学奇人たちの生態




数式で愛を語る

math

数学奇人たちは、数学が大好きです。数式が大好きです。

だからといって、人間が嫌いなわけではありません。

数学奇人も人を愛し、結婚し、子を授かります。

フェルマーが恋人に向けた手紙の中に

x^n + y^n=z^n となる自然数の組 (x, y, z, n)の組(ただし n は3以上)は存在しないことの証明を思いついたが、ここに書くには狭すぎる

と書いたのは有名な話です。

愛の数式

「愛の数式」を見つけました。

(x^2+y^2-1)^3=x^2y^3 です。

これのどこが愛の数式なのか、と訪ねると、「グラフをかけ」というんです。

微分して、増減表を書いて、グラフを書こうとしました。

1分で飽きました。だって、やってられないんだもん。

GRAPES

世の中には便利なソフトがあります。「GRAPES」です。数学の先生の間では超☆有名なソフトですね。

http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~tomodak/grapes/

このソフト、数式を入力すると、その式の表すグラフを書いてくれるんです。

高校生なんかには渡せませんよ。彼らは自分で計算してグラフを書いてなんぼ、ですから。

実際に書かせてみた

実際にグラフを書かせてみたら、こうなりました。

heart

・・・すごいですよね。誰でしょう、こんな数式を思いつくのって。

この式の素晴らしいのは、ハートマークが書けるのはもとより、式がとてもシンプルで美しいこと。

だからなんだ、って?いえ、それだけですけど、何か?