/* アクセス解析(Google Analytics 等)の Javascript は、?> 以降に書いてください。 (Javascript of Access analysis (Google Analytics etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

感動話ってそんなに欲しいですか?|感動の押し売りは要りません




今朝、Facebookのタイムラインに流れてきた記事です。わたしの友達の誰かが「いいね!」か「シェア」をしたんでしょう。

Facebookのタイムラインに流れてきた

wpid-wp-1435291270616.png

はっ!と気付くいい話

Facebookをやっていない人には見られないかもしれませんので、全文引用します。

いかりや長介さんから
志村けんさんへの
最後の手紙らしい。

志村へ

この手紙をもって
俺のコメディアンとしての
最後の仕事とする。

まず、俺の芸能人生を解明するために、
DVDを買うようお願いしたい。

以下に、
コントについての愚見を述べる。

コントを考える際、
第一選択はあくまで
「笑いを取れば勝ち」
という考えは今も変わらない。

しかしながら、
現実には若手芸人の多くがそうであるように、
他人をバカにして笑いを取ったり、
素人にツッコミを入れるだけで
内輪受けに走っている事例が
しばしば見受けられる。

その場合には、
企画段階から綿密な計算と準備が必要となるが、
残念ながら未だ満足のいく
コントには至っていない。

これからのコントの復活は、
綿密な企画立案、
それとライブの復活にかかっている。

俺は、
志村がその一翼を担える
数少ない芸人であると信じている。

能力を持った者には、
それを正しく行使する責務がある。

志村には
コントの発展に挑んでもらいたい。

遠くない未来に、
素人いじりや他人をこき下ろすコメディが
この世からなくなることを信じている。

ひいては、
俺のネタを研究した後、
計算された笑いの一石として役立てて欲しい。

リーダーは活ける師なり。

なお、
最後に、
お笑い芸人でありながら、
多数の人を泣かせて旅立ったことを、
心より恥じる。

いかりや長介

良かったらシェアお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ページを覘いて頂き
ありがとうございます!

コメント欄に、「感動した」「いかりやさんの想いが・・・」などのコメントが溢れてるんです。

でもね。違和感しかないんです。どこかで見たことあるぞ、と。

最後の一言、「心より恥じる」を読んで、確信ですよ。

「白い巨塔じゃん。」

白い巨塔

2003年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマの「白い巨塔」。同名の小説で4度目のドラマ化だったそうです。

この最終回、主人公の財前が、ライバルの里見に宛てた手紙の全文がこちら。

里見へ

この手紙をもって僕の医師としての最後の仕事とする。
まず、僕の病態を解明するために、大河内教授に病理解剖をお願いしたい。
以下に、癌治療についての愚見を述べる。
癌の根治を考える際、第一選択はあくまで手術であるという考えは今も変わらない。
しかしながら、現実には僕自身の場合がそうであるように、
発見した時点で転移や播種をきたした進行症例がしばしば見受けられる。
その場合には、抗癌剤を含む全身治療が必要となるが、
残念ながら未だ満足のいく成果には至っていない。
これからの癌治療の飛躍は、手術以外の治療法の発展にかかっている。
僕は、君がその一翼を担える数少ない医師であると信じている。
能力を持った者には、それを正しく行使する責務がある。
君には癌治療の発展に挑んでもらいたい。
遠くない未来に、癌による死がこの世からなくなることを信じている。
ひいては、僕の屍を病理解剖の後、君の研究材料の一石として役立てて欲しい。
屍は生ける師なり。
なお、自ら癌治療の第一線にある者が早期発見できず、手術不能の癌で死すことを心より恥じる。

財前五郎

はい。パロディです。いかりやさんのセリフでも何でもありません。ガセです。

そんなに感動が欲しいですか?

最近、すごく多いんです。「深イイ話」とか「心が温まる」とか「感動の何ちゃら」とか。

つまり、世間が「感動」や「イイ話」を求めてるんでしょうね。

すごくたくさんの「いいね!」やフォロワーを獲得してます。

それが悪いとは言わないですけど、捏造しちゃアウトでしょ。

さらに、その捏造をうのみにして「涙が出ました」とか。

捏造した人は指さして笑ってますよ。

うちのブログでも、すごくたくさんのアクセスを集めてる記事があるんです。

http://hiro365.tarohiro.com/2015/03/01/graduation/

これはもちろん実話です。捏造ではありません。(都合により、公開できなくなりました。)

でも、こんな話にたくさんのアクセスが集まるってことは、それだけみなさんがこんな話を欲しがってるってことなんですよね。

で、それを利用して一稼ぎしようと企む奴らもいるんです。

http://hiro365.tarohiro.com/2015/01/22/kandoporno/

二十何時間テレビか知りませんけど、そういうことだと思いますよ。

わたしはそんな「感動」話に頼らず、一稼ぎしようと企んでみることにします(笑)。

雑感

Posted by Hirota