ひい、ふう、みい。日本古来の数え方 ここにもいたよ数学奇人




日本古来の数の数え方「ひい、ふう、みい・・・」。これを考えた人も数学奇人だったのでしょうか。

ひ、ふ、み、よ、・・・

math

日本古来の数の数え方、ひ、ふ、み、よ・・・ですが、とても興味深い数え方なんです。

この数え方を考えた私たちのご先祖様、きっと数学奇人だったに違いありません。

いつ
なな
ここ
10 とお

生活に密着した数

10以下の自然数です。きっとモノを数えるために作られた数です。生活に密着したものであったに違いありません。

1は「ひ」。2は「ふ」です。

3は「み」。6は「む」です。

4は「よ」。8は「や」です。

5は「いつ」。これは「つ」に注目してください。10は「と」です。

どうですか?気付きましたか?

2倍、半分

1の2倍は2です。1と2は「ひ」「ふ」でハ行。

3の2倍は6です。3と6は「み」「む」でマ行。

4の2倍は8です。4と8は「よ」「や」でヤ行。

5の2倍は10です。5は「(い)つ」、10は「と」でタ行。

2倍、半分の関係で、同じ行の文字が当てられているんです。

生活に密着したことば

3人家族の家で、6つ買っても8つを買うことは少ないですね。分けられないから。

4人家族が8つのものを買うことはあるでしょう。でも、7個は買いません。分けられないから。

私たちのご先祖様が、そんなことを考えて「ひ、ふ、み、・・・」を作ったのかどうかは、誰にも分かりません。

でも、これってしびれませんか?すごいですよ。「ワン、ツー、スリー」や「アン、ドゥ、トロア」にどんな歴史があるか、わたしは知りません。でも、「ひ、ふ、み」は日本が世界に誇れるものだと思うんです。

今もいますが、昔も数学奇人っていたんでしょうね。

「いたんでしょうね」を変換したら、「異端でしょうね」と出ました。なんだかパソコンと会話してるような気になりました(笑)