同じことを何度も書くことには価値があります




結構同じことを書いています。

同じことを書く価値

11781746_937636309648179_5069218970592672532_n

ブログを書き始めて1年以上が過ぎました。

今日までに400本近い記事を書いてきたんですが、結構同じことを書いています。

同じことを書くのって、悪いことでも何でもないんですよね。

読者
あの時と同じ内容の記事だ。ネタが尽きたのか?

ブログを書いている人で、こんなこと思われる、って恐れてる人、いるでしょ。違いますよ。

ブログを書いていると、もちろんリピーターさんが増えてくださるのがありがたいんですが、検索からくる人もどんどん増えてくるんです。うちのブログでは、先月のPVが約16000。そのうち12000が検索からの流入です。

このブログに初めて来たという方が75%。その人たちが「ネタ切れか?」とは言わないんです。

また、毎日記事を読んでくださる方も、「あの時と同じ内容の記事だ。」と思うことはあっても、改めてその話を読むことで、何かを感じてもらえればそれは新しい記事なんです。

同じ内容の記事であっても、得てもらえるものがあれば、その記事には価値があります。

読者
また同じ事書いてる。もう飽きたよ。

これもそうです。読者の方は、飽きるほどこのブログの記事は読んでませんよ。

数学の授業をしているときに、生徒が言うんです。

生徒
先生、その問題はこの前解きました。
わたし
じゃ、あなたはこの問題で満点取れるの?同じ問題を解いちゃいけないっていう決まりはないぞ。
生徒
でも、解きました。他の問題は無いんですか?
わたし
この問題、解けるの?
生徒
・・・

はい、こんなもんです。見たことある問題が、解ける問題だとは限りません。同じように、見たことある記事が、完全に内容を覚えているとは限りません。

もう一度読むことで理解が深まることもあるだろうし、新しい発見をすることもあるかもしれません。

しかも、全く同じ記事ではないですよね。内容は同じようなものでも、新しく書いた記事ならば何かが違うはずです。

読者
また、これ書いてるんだ。同じだから読まなくていいね。

これも違うんですよね。さっきも書きましたけど、同じ内容でも新しく書きなおした記事です。表現や書いたときの感情も違うはず。

何よりも、わたし毎日記事を書いてます。成長してるはずなんです。一年前の書く技術と、今の書く技術が変わらないんだったら、かなり悲しいですよ。絶対に成長があるはず。そう信じて書きます。

過去記事の掘り起こし

ブログの記事って、書いた日は結構読まれるんです。FacebookやTwitter経由で読んでもらえるんですけど、毎日記事を書けば古い記事はどんどん下がっていきます。トップページから消えてしまえば、なかなかアクセスされることはなくなっちゃうんです。

だから、過去記事を掘り起こすことってすごく大事です。Twitterでは、過去記事の紹介ということで、5時間に一度、ランダムに過去記事を1つずつ自動的にツイートをするように設定しています。

でも、それはあくまでも過去に書いた同じ記事。それを今の感覚で、今の言葉で、今の技術で、もう一度書くことは絶対に新しい何かを生み出すと思うし、価値のあることだと思うんです。

だから、これからも同じ記事を書きます。同じことを繰り返します。

それに加えて、新しい話題を見つけ、相乗効果でこのブログを充実させていきます。

これからもよろしくお願いします。