エックスサーバーに引っ越した一部始終 その3




エックスサーバーに引っ越した一部始終その3です。

その1とその2はこちら

http://hiro365.tarohiro.com/2016/01/26/xserver-2/

http://hiro365.tarohiro.com/2016/01/27/xserver-3/

WordPressの引っ越しが難航

wpid-wp-1435291270616
データベースの構造はなんとなく理解し、形だけでもデータベースの引っ越しはできました。

やればできるものですね。なんとかなるものです。我ながらすごいと思いますよ。

これまで全く知らなかったんですが、WordPressのブログの本文って、全部データベースの中に格納されていたんですね。

これと、サーバー上のディレクトリの中に保存されている画像などをつなげて、一つ一つの記事を表示させているんですね。これ作った人、すごいです。

画像の移転

データベースの引っ越しが完了(?)しましたので、次は画像です。

コアサーバーにアップロードされているファイルをいったん自分のPCのハードディスクにダウンロードし、それをエックスサーバーにアップロードします。

画像や設定ファイルなど、全部で3万個ほどのファイルがありました。

ファイルが多すぎて失敗

FFFTPを使ってこれらを全てダウンロードすることを試みました。一つ一つのファイルのサイズはそんなに大きくはないのですが、とにかく数が多く、かなりの時間を要しました。

結論から言うと、すべてのファイルをダウンロードするために1時間ほどの時間がかかり、さらに「ダウンロード失敗」という結末が待っていました。

あまりにもファイル数が多すぎて、ソフトの問題かサーバーの問題か分かりませんが、できなかったみたいです。

いくつかのファイルは足りなかったみたいですが、問題が起きたときに対処すればいいと判断し、そのままエックスサーバーの方にアップロードを試みました。

やはり1時間ほど時間がかかるようでしたので、その間に食事をとりました。食事を終えてパソコンを覗いてみると、またもや「アップロード失敗」。

さらに、失敗したアップロードを何度もリトライしたみたいで、エックスサーバーへのFTPログインができない状態になっていました。この結果、3時間ほどエックスサーバーにログインできませんでした。

zipで一つのファイルにまとめる

すべてのファイルを1つずつアップするのは無理ということで、別の方法を考えました。いろいろと調べたところ、サーバー上でダウンロードするファイルをzipで圧縮して1つのファイルにし、それをダウンロードするのがいい、ということが分かりました。

コアサーバーでは、ブラウザから入ることができる「ファイルマネージャ」の機能で、選択したファイルを圧縮してダウンロードすることができます。簡単に必要なファイルが全てつまったzipファイルを手に入れることができました。

ここでまた問題です。例のマルチブログの件です。必要なファイルを全てzipにつめてダウンロードしたのですが、わたしのブログの必要なファイルは全て「7番のブログ」のディレクトリの中に格納されていました。

このままアップロードするわけにはいきません。一度すべてを解凍し、「7番のブログ」のディレクトリをメインのディレクトリに移動し、もう一度zipで圧縮しました。

エックスサーバーにログインすることができるようになり、すぐにこのファイルをアップロードしようとしたのですが、またも問題が発生です。

エックスサーバーでは、コアサーバーのようにブラウザ上でzipファイルを操作する機能は備えられていませんでした。zipファイルをアップロードしたところで、大きなファイルがサーバー上にある状態になるだけです。

teratermでサーバーを直接操作

調べた結果、サーバーに直接命令を送って圧縮や解凍ができるんです。

teratermというソフトを使って、エックスサーバーに接続し、アップロードしたzipファイルを解凍すると、見事にすべてのファイルがフォルダに格納されました。

完了と思いきや

データベースの引っ越し、画像等のデータの引っ越しが終わり、すべて完了と思いきや、まだまだ引っ越し作業は続くのでした。

まだ続きます。

エックスサーバーを使ってみようと思われる方はこちらから