デブのクセに1001という車のナンバーをよく見かけるので調べた




11760289_930923376986139_8043916858932096203_n

車を運転していると、信号で止まったときなどにまわりの車のナンバープレートが気になりませんか。わたしはすぐに前を行く車やすれ違う車のナンバーが気になってしまい、見てしまうんです。

そんな中で、最近「1001」というナンバープレートをつけた車をよく見かけるんです。気のせいかと思っていたんですが、間違いなく多い。

1001という数が何か流行っているのか、1001という数に何か不思議なモノでもあるのか、と思い、調べてみました。

1001はエンジェルナンバー

エンジェルナンバーって知ってますか。1001を検索すると、かなり上位に出てくるワードです。

私たちの周りには常に天使がいて、その天使が数字を通じて私たちにメッセージを送っていくれていると考えます。車のナンバープレートや時計、レシートの数字など、ふとした時に見る数字が、何度も同じ数字の組み合わせだったことはありませんか?それは今のあなたに必要な天使からのメッセージかもしれません。

うおお!うさんくせえ!強力にうさんくせえ!

わたしの周りに天使がいるですと?見えませんけど、何か?

加齢から来る心身の疲労を癒すための低周波治療器に使用する「電池が要る」なら分かるんですけど。

エンジェルナンバー1001の意味

エンジェルナンバーっていくつもあるらしいんですね。その中に1001が含まれています。

一つ一つのエンジェルナンバーに意味があるらしいんですけど、1001の意味は

あなたの思考を神の光と愛に一致させてください。

・・・もうね。意味がわかりません。なんですか、この不思議ちゃん的な感じ。

そんなこと考えながら運転してたら、神の光と愛に包まれて、フランダースの犬の最終回みたいに天使が迎えに来ちゃいますよ。

o0693048012906932182

1001は回文数

数字と言えば、数学奇人の登場でしょう。

1001は「回文数」の一つです。

回文数とは、上から読んでも下から読んでも同じ並びの数のことを言います。

「しんぶんし」的なやつです。「たけやぶやけた」的な感じのやつです。

「山本山」はひらがなで書くと「やまもとやま」で回文ではありません。

1001は逆に書いても1001なので、回文数です。

不思議なのはそれだけじゃない

1001の不思議なのは、それだけじゃないんです。

1001^2=1002001
1001^3=1003003001
1001^4=1004006004001

どうですか。1001は2乗しても3乗しても4乗しても、全て回文数なんです。

一般に、回文数を2乗しても回文数になるとは限りません。

232^2=53824

これは回文数ではありませんよね。

1001は楔数

1001を素因数分解すると、1001=7 \times 11 \times 13 です。これはすごくないですか。

2の倍数ってすぐ分かりますよね。1の位を見て2,4,6,8,0だったら2の倍数です。

3の倍数は、そこにある数を全部足してみて、その合計が3の倍数だったら、もとの数も3の倍数です。1001は 1+0+0+1=2 なので、3の倍数ではないんです。

5の倍数は、1の位が5,0だったら5の倍数。もちろん1001は違います。

このように、2,3,5の倍数は判別が簡単なんです。逆に、それ以外の数はそんなに簡単に判別できないんですね。

数学をやっていると、7の倍数、13の倍数なんていうのは、あまり扱いたくない数なんです。

それが、よりによって7と11と13の積だなんて、これはかなり不思議。

異なる3つの素数の積で表される数を「楔数(くさびすう)」といいます。

一番小さい楔数は 2 \times 3 \times 5 = 30 です。1001は小さい方から数えて136番目の楔数です。

1001は3乗+3乗で表現できる

高校1年生で習う因数分解の公式に
x^3+1=(x+1)(x^2-x+1)
というものがあります。

1001はこの xx=10 を代入したものです。

つまり
1001=10^3 +1=(10+1)(10^2-10+1)
となるので、実は11の倍数であることはすぐに分かるんです。

なんに使うかよく分からない因数分解ですが、こんなところで役に立つんですね。

ちなみに、1001が11の倍数だと分かることで、なんの役に立つのかは、考えてはいけないことになっています。

同じ理由で、100001や10000001も11の倍数です。不思議ですよね。

まとめ

まとめると、1001をナンバープレートに付けている人は、周りに天使がいて、思考を神の光と愛に一致させている、新聞紙に火を付けて竹藪を焼いてしまった、7月11日13時に参上した不思議ちゃんだ、ということですね。

数字って、本当に面白いですね。