/* アクセス解析(Google Analytics 等)の Javascript は、?> 以降に書いてください。 (Javascript of Access analysis (Google Analytics etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

クルトガを買ってモノグラフワンと比べてみた




20160707title

左手タイトルです。やはり、すぐに上手にはなりません。

三菱鉛筆から「クルトガ」というシャープペンシルが発売されてるんです。

三菱鉛筆 クルトガ

わたしの愛用するシャープペンシルは、トンボのモノグラフワンです。

このシャープペンシルが、現在もっとも使いやすいものであることは間違いありません。異論は認めん!

で、先日の記事で書いたように、現在どこのお店に行っても売ってないんですよ、モノグラフワン。

職場用と家庭用で1本ずつ欲しいので、あと1本購入しようと思ってたんですが、ホントに無いんです。

モノグラフワンを探すと必ずクルトガがある

お店でモノグラフワンを探していると、必ずシャープペンシルコーナーに三菱鉛筆のクルトガがあるんです。こちらもかなり売れているシャープペンシルみたいですね。

どうも、モノグラフやモノグラフワンのライバル商品みたいです。モノグラフワンが売ってないし、シャープペンシルがもう一本欲しいし、ネタになりそうだし。

ということで、クルトガ、買ってみました。

書いていると芯が勝手に回ってとがる

IMG_0720

クルトガの最大の特徴は、書いていると、芯が勝手に回って、常にとがった状態で書けるということなんです。

実際に書いてみると、芯が全然丸くならない。これは書いていて気持ちいいですね。

芯が勝手に出てくる

書いてて気づいたんですけど、全然ノックしてないんです。なのに、芯が短くなってないんです。

どうも、芯が勝手に回りながら、それでいて少しずつ出てきてるみたいなんですよね。

モノグラフワンは書いている人差し指のところにノックがありますので、芯を出すのがすごく楽なんです。しかし、クルトガはそのノックすら必要ない、と。

う~む、クルトガ、なかなかやりますな。

IMG_0721

クリップ部分はこんな感じ。特に大きな特徴はありません。

お尻についている消しゴムは、完全に飾りです。従来のシャープペンシルの消しゴムです。

これに関しては、モノグラフワンの圧勝ですね。

IMG_0724

モノグラフワンとクルトガを並べてみました。奥の青いのがクルトガ、手前の赤いのがモノグラフワンです。

クルトガの方が少し細身ですね。モノグラフワンの方が太いんです。

好みの問題もあるでしょうが、モノグラフワンの太さがわたしは大変書きやすく感じます。細いとどうしても力が入っちゃうんですよね。すぐ疲れちゃうんです。

間違いなく書きやすいシャープペンシル

色々と書きましたが、クルトガがとても書きやすいシャープペンシルであることは間違いありません。さすがは、よく売れているシャープペンシルだな、と思いました。

大人がシャープペンシルや鉛筆でものを書くって、珍しいと思うんですよね。でも、わたしはシャープペンシルのヘビーユーザーです。数学の問題を解くときに、消えないペンを使うのはあり得ません。

今後は、職場ではモノグラフワン、家ではクルトガを使っていろんなものを書くことになるかと思います。

文具

Posted by Hirota