デジカメで撮った写真をプリントする価値




写真を撮る

写真を撮るのって、すごく身近になりましたよね。

・・・とか言うと、かなりおじいちゃん扱いされる時代になりました。

だって、今の高校生ってフィルムのカメラを知らないんですよ。生まれたときからデジカメですから。「写ルンです」を知らない世代なんですよ。

「写真」じゃなくて「写メ」ですから。「写真」を「メール」で送るのを略して写メなのに、やつらはメールすらしませんからね。もっぱらライン。写メの語源すらわからないレベルの時代です。

しかし、写真を撮るのってホントに身近でお手軽になりました。

昔はフィルムを入れて写真撮って現像に出して。一枚の写真にどれだけお金がかかってたか分からない。

今はちょっとしたメモに写真撮りますからね。

地下駐車場の車を止めた場所が分からなくならないように、柱の番号の所をiPhoneのカメラでメモ代わりにパシャリ。

フィルムカメラを使っていたころには考えられない贅沢です。

写真の保存

わたしは写真、大好きです。

携帯やスマホのカメラより、やっぱり一眼レフが好きですね。

重いとか、かさばるとか、邪魔だとか、そんなのどうでもよくなるくらい一眼レフが好きです。

全然上手にならないんですけど、でも撮ってて楽しい。

携帯やスマホのカメラって、やっぱりメモ程度でしかないんですよね。

息子どもの学校の行事や、柔道の練習、試合、その他いろいろ、たくさん写真を撮ってます。

下手だから、たくさん撮ってまぐれ当たりのいい写真を選ぶ。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるんです。

そんな写真をほとんど全部、ハードディスクに保存してます。

折に触れてそんな写真を見返した時、本当に懐かしい気持ちになります。

「写真は時間を切り取って保存するもの」と誰かが言っていました。まさにその通りだと思います。

ハードディスククラッシュ

10年以上前、惨劇が起こりました。

写真を保存していたハードディスクがクラッシュしたんです。

息子1号が生まれてから2歳になるくらいまでの写真がすべてパア。一枚も戻ってきませんでした。

切り取って保存したはずの時間がすべて失われました。あの時のショックは忘れられません。

プリントした写真は残っている

すべて失われた息子1号の2歳までの記録。

しかし、写真をプリントアウトして嫁が紙のアルバムを作っていたものは残っているんです。

これは本当に宝物です。

データとして保存する写真は、場所も取らないし、大量に保存が可能です。しかし、消えるときは一瞬。その危険性がゼロになることはありません。

撮った写真をすべて紙にプリントするのは現実的ではありませんが、大切な写真だけでも紙で撮っておく価値って絶対にあると思うんです。

写真のプリントのコスト

写真を1枚プリントするのにかかるコストって、結構高いんです。

家でプリンターを使う場合、紙代、インク代などを合わせると、一枚につきおよそ20円から30円かかります。

コンビニでプリントすると、一枚につき30円から40円。少し高めですね。

写真屋さんに持っていっても同じくらいの価格です。

まあ、それでもフィルムカメラを使っていた時に比べれば格段の安さなんですけど。

ネットプリントがお得!

まとめてたくさんの写真を印刷するのなら、ネットプリントが圧倒的にお得です。

こちらなんかは、一枚3円ですよ。コンビニの10分の1です。



もちろん、1枚や2枚でこういったサービスを使うと送料がネックになります。

まとめてたくさんの写真を印刷するときには大変お得なサービスです。利用しない手はありません。わたしもよく使います。

切り取った時間を失わないように

シャッターチャンスは一瞬です。

それだけに、どんぴしゃりの写真が撮れたときのうれしさは格別です。

切り取った時間を保存するのが写真。その瞬間を失わないようにするためには、データだけでなく紙で取っておくことが有効ですね。

写真を紙で取っておく価値。確実にあると思います。



雑感

Posted by Hirota