10日目 会心の一撃!【30日間1日1回朗読生活】




10日目

「30日間1日1回朗読生活」10日目です。

詳しくはこちら。

会心の一撃

30日間1日1回朗読生活を始めて今日で10日目。

いやあ、10日目まで来ましたね。ちゃんと続いてますよ。

ゲームのドラゴンクエストなんかで、「会心の一撃」ってあるじゃないですか。

普段の自分の力以上のものが出て、相手に大きなダメージを与えるアレです。

ゲームを始めた当初、主人公って超☆弱いじゃないですか。

街から出て最初にスライムとかと戦いますけど、そのスライムにダメージ食らうくらい弱いじゃないですか。

だって、スライムって、スライムですよ。

これ、戦う気、無いでしょ。こいつにダメージ食らうくらい弱いんですよ。

このスライムをやっつけるために、5回も6回も攻撃して、やっとやっつけるくらい弱い頃。

会心の一撃が出て、スライムを一発で倒せたりするじゃないですか。

うおおおおぉぉ!ってなるじゃないですか。喜ぶじゃないですか。すげえ!ってなるじゃないですか。

でも、少しゲームが進んで、そこそこ主人公の勇者のレベルが上がって、ふと最初の街に戻ったとき、スライムが現れたりすると、当たり前のように一撃で倒すじゃないですか。

あのとき感動した会心の一撃って、全然大したことなかったんだってことに気づくじゃないですか。

今日のわたし、それです。

では、10日目の朗読です。

7分59秒

初日のタイムが6分54秒。

2日目のタイムが6分17秒。

3日目が6分28秒。

4日目が6分2秒。

5日目が7分37秒。

6日目は7分24秒。

7日目は7分2秒。

8日目は7分25秒。

9日目も7分25秒。

そして今日は今までで最も遅い7分59秒。

いやあ、今日は会心の一撃。

すごく余裕を持って読めました。

多分、噛んでないです。すっごく落ち着いて読めました。

まだまだ弱いわたしが、めっちゃ弱いスライムをまぐれ当たりの一撃で倒した感じです。

30日間でどれだけレベルアップするか。

落ち着いて、ゆっくりと、丁寧に明日も頑張ります。