14日目 喉が・・・【30日間1日1回朗読生活】




14日目

「30日間1日1回朗読生活」14日目です。

詳しくはこちら。

喉が

30日間1日1回朗読生活、外郎売を毎日読み始めて14日目です。

なんだかんだで、よく続いています。

いや、このシリーズがあまり読まれていないのはよく分かっているんですよ。

ただの自己満足です。

で、今日はなんだか喉が痛くて。

職場で授業をするとき、少し大きな声を出しすぎたかもしれません。

ちょっと調子が上がると、すぐに声が大きくなって、話し方が早くなる。悪い癖です。

もしくは、今日は少年柔道の練習日でしたので、子どもたちを前にガンガン大きな声で怒鳴り過ぎたかもしれません。

とにかく、喉が若干痛い。

では、14日目の朗読です。

今日までのタイムと自己評価

タイム 自己評価
初日 6分54秒 爆笑レベル
2日目 6分17秒 同上
3日目 6分28秒 進歩なし
4日目 6分2秒 退化
5日目 7分37秒 落着きに目覚める
6日目 7分24秒 ゆっくり読めてる
7日目 7分2秒 無意識に早くなる
8日目 7分25秒 若干良化
9日目 7分25秒 やや安定
10日目 7分59秒 会心の一撃
11日目 7分34秒 少し雑
12日目 7分41秒 落ち着いてました
13日目 6分53秒 早い!
14日目 7分2秒 まだまだ早い!

昨日よりは少しゆっくりになりましたが、まだまだ早いですね。

今日は読みながら「あ、少し早いな」という自覚がありました。

声も若干上ずり気味だったんじゃないでしょうか。

「お茶立ちょ茶立ちょ」の所でがっつり噛んでますし。

まだまだ未熟です。

さあ、30日間でどれだけレベルアップするか。

落ち着いて、ゆっくりと、丁寧に明日も頑張ります。