2019年最初の投稿は2019の凄さについて




あけましておめでとうございます。

日常価値向上研究所所長のヒロタです。

今年も日常の価値を向上させる記事を、ゆったりのんびり書いていきます。よろしくお願いいたします。

2019はすごい数

今年最初の記事は、2019年の最初ということで、2019という数のすごさについてです。

7^2+11^2+43^2=49+121+1849=2019

7^2+17^2+41^2=49+289+1681=2019

13^2+13^2+41^2=169+169+1681=2019

11^2+23^2+37^2=121+529+1369=2019

17^2+19^2+37^2=289+361+1369=2019

23^2+23^2+31^2=529+529+961=2019

すごくないですか?

7、11、13、17、19、23、31、37、41、43は全て素数です。

2019は「3つの素数の2乗の和」で6通りに表すことのできる数なんです。

そのような数はたくさんあるみたいなんですけど、その中でも最小の数なんだそうです。

だからなんだ?

ここで「だからなんだ?」と思ったあなた、このブログの読み込みが甘いようです。

数学が何かの役に立つと思っていたら、それは大きな間違い。数学は、面白いからそれで良いのです。美しいからそれで良いのです。

ここに喜びを感じないのが普通の人。ここに喜びを感じるのが数学奇人。

2019年、今年も数学奇人で頑張ります。よろしくお願いいたします。