減量部物語を再開する気になりました




ご無沙汰しております。超☆ご無沙汰しております。

「ご無沙汰」の「沙汰」は「便り、知らせ」という意味で、それが無いので「無沙汰」。

丁寧語の「ご」が付いて「ご無沙汰」。おお!完璧だ!合ってる!

超☆久々の減量部

ブログの投稿自体が久々です。減量部の投稿となると、さらに超☆久々です。

直前の減量部の投稿が2018年10月4日の記事。11ヶ月前ですね。 でも、上の記事はわたしの減量がどうのとか言うことではない、一般的なお話の記事でした。

最後に体重を公表していた記事は、さらに遡って2017年7月3日。2年2ヶ月前です。 いやあ、この頃はわたしも頑張っていたんですね。覚えてすらいません。

この日の体重が87.2kgだったみたいです。

2年2ヶ月の月日がもたらす変化

2年2ヶ月。この歳になると、2年2ヶ月なんてあっという間なんですよね。

でも、そのあっという間の間に、人の体って変わっちゃうものなんですよね。

はい、太りました。太っちゃいました。太り散らかしました。具体的には腹が急成長しました。

ベルトの穴

通常の成人男性用のベルト、ありますよね。普通のベルトです。

ベルトには5つの穴が空いています。2年2ヶ月前のこの日、わたしのベルトの穴は5つのうちの一番内側、つまり一番キツイ穴で余裕で履けていました。

2年2ヶ月後の今、ベルトの穴は一番内側ではかなり可愛そうな感じになっています。

まず、穴の形状は通常「点」もしくは「黒丸」ですが、わたしのベルトの一番内側の穴の形状は「楕円」もしくは「短い線分」みたいになってます。

体操座りが困難

この歳になって「体操座り」をする場面ってそんなにありません。

ちょっとした機会に「体操座り」をしたのですが、これが辛いこと辛いこと。

膝を曲げてひらがなの「ん」みたいに座りますよね。出てきた腹が邪魔で、腿が体に近づかないんです。

「ん」じゃなくて漢字の「しんにょう」みたいになってるんです。

「辶」です。

だから、膝の向こうにあるスネに手が届かないんです。

落とし物が拾えない

手に持っていたものを落としたとき、かがんで拾いますよね。

かがむのはいいのですが、片膝を地面につかないと、落とし物まで手が届かないんです。

物が落ちた位置によっては、腹が邪魔で落とし物が見えないんです。

ほぼ妊婦

ここまで書いて思ったんです。これって、ほぼ妊婦ですよね。
わたし、実は男なんですよね。妊娠はしないはずなんです。

わたし、47歳なんです。もし妊娠してたとすると、かなりの高齢出産なんです。

もうね。そろそろヤバいかな、と。

ぼちぼち「気のせい」では済まなくなってるのかな、と。

そうだ、減量部があった

そうだ、わたしには減量部があった。

完全に休部状態の減量部で、活動を再開すれば、2年2ヶ月前の自分に戻れるかもしれない。

よし、やろう!減量部、再開だ。今こそその時、此処こそその場所、そしてわたしこそその人物だ。

久々の計測

久々の計測です。

久々の計測結果の公開です。

う〜ん、なんだか緊張する。

体重計にライド・オン!・・・って、おお、これも懐かしい!

ルック・アット・デジタル!

99.7kg!
わお!圧倒的想定外!

・・・ということで、今日から頑張ります。みなさん、よろしくお願いいたします。