老眼がひどくてついにメガネを作りました




目が悪くなるなんて思いもしなかった

わたし、小さいころから目だけは良かったんです。

厳密に言うと、目と顔だけは良かったんです。

視力検査なんか、毎回余裕。基本、2.0でしたね。両目とも。

かなり目を酷使してきたと思うんです。目に悪いと思われることは全てやってきたような気がするんです。

でも、目だけは悪くならなかった。

厳密に言うと、目と顔だけは悪くならなかった。

視力が悪い人の気持ちがわからない

だから、視力が悪い人の気持ちが全く分からなかったんです。

視力検査で一番上が見えない子とか、ふざけてるとしか思えなかった。

メガネを貸してもらって、試しにかけてみて、全然見えなくて。

「なんでこんなものかけて、見えるようになるんだろう?」って本気で思ってました。

近くが見えなくなった

5年くらい前でしょうか。右手の人差し指にトゲが刺さったんです。

痛くて。早くトゲを抜きたい。

トゲの刺さっているところを見つめた次の瞬間、無意識にその手を目から遠ざけている自分がいたんです。

老眼で近くの文字が見えなくて新聞を遠ざける、おじいちゃんがやってるあの行動。

もうね。自分の行動にびっくりするやら、情けないやら、失望するやら、がっかりするやら。

自分の目が「老眼」になっていることを認識した瞬間でした。

進む老眼

はじめは近くが見づらいと感じるだけだったんです。

それが次第に、近くに全くピントが合わなくなってきました。

文字を読むときは、例のおじいちゃんスタイルじゃないと読めない。

次第に薄暗いところが苦手になってきました。
生徒
先生、この問題が分かりません!
とか言って、プリントやノートをわたしの目の前に突きつけてくる生徒がいるんですが、ほんとにぶっ殺してやろうか、と。

職員室の前の薄暗い廊下で、小さく薄く書いた文字をわたしに見せて、
生徒
先生、この後どうすればいいんですか?
などと質問してくる生徒がいるんですが、ほんっっっっっとに見えないんです。
息子1号
父ちゃん、この問題、どうやって解けばいいの?
って、息子1号が目の前にノートを突きつけてきたときは、マジで蹴りましたね。
わたし
なめんな、きさん!見えんったい!まずはそこに置け!動かすな!
本当に見えないんです。イライラします。

あと、「薄い」のがダメですね。電球を替えようとして、型番を調べていたら、口金のところに彫ってあったんです。
もうね。明るくしても見えない。暗くしてももちろん見えない。

近くは見えない。遠くしたら小さくて薄くて見えない。

スマホで写真を取り、画面で写真を拡大してやっと確認しました。

「もう、ダメだ」って思いましたね。

初めてメガネを作った

ということで、初めてメガネを作りました。

買い物に行ったショッピングモールの中にたまたま入っていたメガネ屋さんに立ち寄って、その場の勢いで速攻で作っちゃいました。

わたし
すみません。老眼鏡を作りたいんですけど。

店員さん
はい、お手元用ですね!

初めて知りました。「老眼鏡」って言わないんですね。「お手元用」って言うんだそうです。

視力を検査して、見え方を検査して、わたしの目にちょうど合うレンズを調べ、フレームを選んでお会計したらお終いでした。ここまで15分弱。

さらに30分ほどで製品が完成。最初に「すみません」って言ってから1時間もかからずにわたし専用の眼鏡が出来上がりました。

すげえっすね!最近のメガネ屋さんってこんなに早いんですか!?

ちなみに、わたしがメガネを作ったお店はこちら↓
JINS 公式通販ショップ

とにかく見える、世界が変わる

世の中の近くが見えづらくなっているみなさん、見栄を張らずに老眼鏡をかけてごらんなさいよ。

ホントによく見えるんですから。

近くても文字が読めるんですよ。

暗くても文字が読めるんですよ。

薄くても文字が読めるんですよ。

老眼が進んで、目が悪くなって、良いのは顔だけになっちゃったんですが、これで復活ですよ。

見えないのを我慢してちゃダメです。見えないものは見えない。

メガネをかけて、見えるようになって、生活の質を上げたほうが絶対に良いですよ。 JINS 公式通販ショップ

物欲, 雑感

Posted by Hirota