/* アクセス解析(Google Analytics 等)の Javascript は、?> 以降に書いてください。 (Javascript of Access analysis (Google Analytics etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

餃子のタネを作り、皮で包み、焼いて食べて満足してみた




休日の夕方、餃子を作って食べました。

餃子のタネ作り

超アバウト即席タネ作りです。

材料は

  • 白菜1個
  • ニラ2束
  • 合挽き肉400g

です。

白菜をきざむ

白菜を気合を入れてきざみます。みじん切りとまではいきませんが、コナゴナのギッタンギッタンにしてやります。

傷口に塩を塗りこむ

ズタズタのボロボロにした白菜の傷口に、塩を塗りこんでとどめを刺します。

ニラもやっつける

ニラもズタズタのコナゴナに切り刻みます。

ひき肉も引きずり回す

合挽き肉をボウルに入れて、塩を適量ふりかけ、思いっきりこねくり回します。最初はベタベタした感じですが、しばらくすると観念して粘りが出てきます。手にもあまりつかなくなります。

そろそろ白菜が

そうしていると、そろそろ白菜が透明の血を流してぐったりしている頃です。最後のトドメに両手で絞め落とします。

白菜とニラをひき肉のボウルに

絞め落とされてしまった白菜を、ひき肉のボウルに入れて、おもいっきり混ぜ合わせます。

まんべんなく混ざり合ったら、そこにニラを入れて更に混ぜ合わせます。

完全に混ざり合ったらタネの完成です。

皮で包む

とにかく包みます。ひたすら包みます。包み続けて15分。

img_0002

130個の餃子が包み上がりました。今日はかなり少なめです。

焼く

img_0006

フライパンで焼いていたのでは、とてもじゃないけど間に合いません。

ホットプレートで20個ほど焼き、皿に移し、すぐさま次の20個を焼く。これの繰り返しです。

20個の餃子を熱さと戦いながら皿に移し、その次の20個をホットプレートに並べ、一旦裏返してから熱湯をかけてフタをする。

ふと皿に目を移すと、さっきの20個は無くなっています。すでに1号、2号、3号、そして嫁の胃袋の中に餃子たちがダイブしてしまった後でした。

外で食べる餃子は、お店の人が焼いてくれて、一人ひとりの皿に自分の分が分けられているんですよ。

でもね。ファミリー餃子ってそんなに甘いもんじゃないんです。取るか取られるか。食うか食われるか。そのギリギリの緊張感がたまらない。

ただ、所詮うちの息子たちもまだまだガキです。100個ほどの餃子がなくなったところで

・・・お腹がいっぱいになったかも。

甘い!甘すぎる!たった100個ですよ。100個って、1個の餃子100個分ですよ。そんなもの、食べたうちに入らないくらいの量ですよ。

ということで、残りの30個を美味しくいただきました。薬味は豆板醤がオススメです。はい。

家族, 食べ物

Posted by Hirota