宝くじが当たりやすい売り場ってどんな仕組み?年末ジャンボ宝くじの季節です




年末ジャンボ宝くじの季節ですね。

ジャンボ宝くじ

0e3bf3032fc69db57ef4aa8e423dc672_s

年末ジャンボ宝くじの季節になりました。今年は1等、前後賞合わせて10億円です。とんでもない額ですね。

宝くじ

宝くじとは、開封くじ、スクラッチ、数字選択式の3種類があります。

開封くじというのが、ジャンボ宝くじのような普通の宝くじ。

スクラッチは分かりますよね。削るやつです。

数字選択式は、ロト6とかナンバーズのような、自分で数字を選ぶ方式のものです。

ジャンボ宝くじ

開封くじの中でも、当選金額の大きいジャンボ宝くじは、国民に夢を与えてくれますね。

ジャンボ宝くじは

  • ドリームジャンボ宝くじ
  • サマージャンボ宝くじ
  • 年末ジャンボ宝くじ
  • グリーンジャンボ宝くじ
  • オータムジャンボ宝くじ

の5種類があります。

しかし、グリーンジャンボ宝くじとオータムジャンボ宝くじは他の3つとは性質が異なるようで、正式なジャンボ宝くじはドリーム、サマー、年末の3つだけだそうです。

宝くじのしくみ

番号は100000から199999までの10万通が1組。

組は01から100までの100組があり、10万×100=1000万枚が1ユニットと呼ばれます。

宝くじは販売できる枚数を増やすために、このユニットを増加させて、枚数を稼ぎます。

2015年の年末ジャンボ

2015年の年末ジャンボ宝くじは、01組から200組の200組2000万枚を1ユニットとするそうです。

27ユニットの発売を予定しているとのことで、10億円が27本出る計算になります。

当たる売り場

当たりがよく出る売り場がよく話題になります。

当選番号は初めから分かっている訳ではないので、当然当たりくじが特定の売り場に流れるはずがありません。

では、どうして「当たる売り場」が存在するのでしょう。

よく売れるから

理屈は簡単です。「よく売れるから」です。

1ユニットが2000万枚。単純な話、1つの売り場で2000万枚売れば、必ず1等が含まれるんです。

一人あたりの平均購入枚数が30枚ほどだそうです。70万人も買えば、1ユニットを売り切ることができます。

つまり、70万人の購入客を見込める売り場であれば、1ユニットをまるまる仕入れて、全部売っちゃうことで必ず当たりが出るんです。

日本一の売上を誇る西銀座チャンスセンターなど、軽くこのくらい売っちゃうみたいですね。だから毎年1等が出る。そういうことなんです。

全部買えば必ず当たる

ということは、年末ジャンボ宝くじを1ユニット全部買えば、必ず10億円が当たるんです。

すごいでしょ!完璧な「当て方」です。

ただ、必勝法ではないんですよ。だって、負けますから。

賞金総額は1ユニットあたり2,999,900,000円。

一方、1ユニットを全部購入したら300×2000万=6,000,000,000円。

なんと、倍額じゃないっすか。大赤字っすよ。

まあ、二十何時間テレビか何か知りませんが、50億円使って2億円稼いで喜んでいいんだったら、これでもいいんでしょう。たぶん。

http://hiro365.tarohiro.com/2015/01/22/kandoporno/

知恵

Posted by Hirota