「でも」と言わない価値!ホリエモンやっぱすごいっすね。




ホリエモン、やっぱすごいっす。

「でも」が口癖の人は一生ダメ

3924fd88

東洋経済オンラインに掲載された記事に、ビシっと言われちゃいました。またホリエモンです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151230-00097016-toyo-soci&p=1

少し抜粋します。

 本音で生きるために、まずやるべきは、「言い訳をしない」ということである。

僕はメルマガを含め、人から相談を受けることも多いが、せっかく答えても、「でも○○だから、それはできないんです」と言われることがかなりある。その「でも」が、自分自身を不自由にしていることに気づかないのだろうか。

たとえば、「お金がないからできない」という言い訳。

いまや熱意とやる気があれば、お金や人を集めることは不可能ではない。たとえば、クマムシ研究家の堀川大樹さんは、有料メルマガ、LINEスタンプなどをつくって、自分自身で研究資金を稼ぎ、自分のやりたい研究を自由にできる環境を作り上げている。

そもそも疑問に思うのだが、「お金がないからできない」と言っている人は、いったいいくらのお金があればできるのだろうか。お金が問題ではない人も多いように感じるのだが。

 「時間がないからできない」という人もよくいるが、成功する人には時間があって、成功しない人には時間がない、なんてことは当然ながら、ない。「時間がない」というのは、「それを始めると今やっている何かをやめなければならないが、それができない」ということなのだろう。

しかし、世の中はトレードオフだ。時間がないなら、どちらかに決めなければならない。むしろ、「何かをはじめるなら、何かを捨てなければいけない」ということは、当たり前のことだと知っておくことだ。

「自分には才能がないから」といって、行動しない人もいる。しかし、どんな功績を挙げた人でも、その人の努力によるところが、ないはずがない。僕だって、才能があるかどうかといったら、別にそこまですごい才能があるとは思わない。

結局、「自分は凡人だから」と言ってしまった時点で、「自分は今のままでいい」「努力したくない」と言っているようなものなのだ。そもそも、才能なんて、やってみないと、自分にあるかないかなんてわからないのではないだろうか。それなのに、やってもいないのに「才能がない」とうのはまったくの勘違いだと思う。

「でも」「でも」と言い訳を積み重ねてきた上に、今の自分がいる。「でも」という縛りをとってあげるだけで、もっと自由に行動を起こしていけるのではないだろうか。

お金がないからできない

「お金がないからできない」と言っている人は、いったいいくらのお金があればできるのだろうか。

これはやられましたね。ど真ん中ストレート160キロです。ズドン!ですね。

確かに、いろんなことをやるのにお金の問題は大きいですが、それを言い訳にしていては何もできません。

才能がないからできない

 「自分には才能がないから」といって、行動しない人もいる。しかし、どんな功績を挙げた人でも、その人の努力によるところが、ないはずがない。

これもズドン!

確かに、同じことをやるにしても、すぐできるようになる人と、できるようになるまでに時間がかかる人がいるのは事実です。でも、それを「生まれ持った才能」としてしまうのは努力からの逃げです。

さすがホリエモン

さすがですね、ホリエモン。いろいろと叩かれたりしてますけど、やっぱりこの人「強い」です。

弱い人って、必死になって「できない理由」を探しますよね。

強い人って、必死になって「できる方法」を探しますよね。

この強さってどこから来るんでしょうね。見習うべき姿勢です。

 

 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)
SBクリエイティブ (2015-12-04)
売り上げランキング: 14

書籍

Posted by Hirota