エックスサーバーに引っ越した一部始終 その1




エックスサーバーに引っ越した一部始終です。

ドメインの移管

wpid-wp-1435291270616

このたび、バリュードメインからエックスサーバーにドメインを移管し、サーバーを引っ越しました。

http://hiro365.tarohiro.com/2016/01/25/xserver/

ドメインの更新月

ことの始まりは、バリュードメインからのメールでした。

mail

2月11日でドメインの有効期限が切れちゃうんです。

基本的に1年契約ですので、毎年2月にバリュードメインにお金を支払って契約の更新をしていたんです。

しかし、先日書いたように、わずかな不具合を感じていたこともあって。せっかくの機会なので、移管してみようという気になっちゃったんです。

エックスサーバーに問い合わせ

バリュードメインに管理してもらっているドメイン(tarohiro.com)をエックスサーバーに管理してもらうようにすることを「移管」といいます。

まずは、わたしの持っているドメインが移管可能かどうかを確認します。

domain1

どうやら該当する項目はありません。移管は可能なようです。

早速移管の申し込みをしました。

料金はコンビニでお支払いを選択しました。

コンビニで支払って、自宅に戻ると、すでに払い込み済みの状態になっています。すごいですね、このスピード感!

認証鍵ってなんだ!?

domain2

エックスサーバー
おい、前の業者から、認証鍵を聞いてこいよ。ついでに、焼きそばパンと牛乳も買ってこい。

認証鍵ってなんだ!?わかりませんでしたので、Google先生にお尋ねしました。

バリュードメイン 認証鍵

どうやら、「WHOIS情報変更」のところで取得できるみたいです。

実際に取得できました。オッケーナイスです。

認証鍵と焼きそばパンと牛乳をエックスサーバーに届け、返事を待ちました。

ここまでが1月21日のお話です。

事務的なメールが来た

翌1月22日、エックスサーバーから事務的なものものしいメールが来ました。

エックスサーバー

XSERVER Inc. – Xserver は 2016-01-22 10:08:40 にトランスファー申請を行いました。

このメッセージは、WHOIS データベースで、このドメインの 管理者( Administrative contact )、
または登録者( Registrant contact )としてリストされているアドレスに対して送信されています。

あなたのドメインのトランスファー申請についての重要な以下の内容について
確認のうえ、対応を行ってください。

いやあ、わかんないっす。

要は、ドメインの移管をするけど、ホントにあんたが申し込んだの?っていうメールですな。

ちがってたら文句言ってこい!って書いてあったので、ちがわないから放置。

すると翌1月23日、「ドメイン移管完了のお知らせ」というメールが届きました。

これで、ドメインの管理はエックスサーバーに移りました。「tarohiro.com」はバリュードメインとは無関係になりました。

なんともまあ、あっさりと移管が完了してしまいました。ホントにあっけない感じでした。

次はサーバー

本命はサーバーです。サーバーはまだバリュードメイン傘下のコアサーバーを利用している状態です。

これをエックスサーバーに引っ越すのですが、これがまあ、苦労することになるんです。

続きはまた明日。