この星の新幹線は妙にテンションが上がる!




新幹線について考えてみました。

BOSSのCM

テレビを見ていると、缶コーヒーのBOSSのCMが流れてました。

BOSSのCM作っている人、天才ですね。ツボが秀逸です!

https://www.youtube.com/watch?v=f78fvddOiKk

この星の新幹線は妙にテンションが上がる

最後に出てくるフレーズですが、ドキュンとやられました。

わたしは特に鉄分があるわけではないんですよ。

あ、分からない方のために解説しておくと、鉄道ファンや鉄道オタクの人たちの呼び方に「鉄ちゃん」とか「鉄」というものがあるんです。

「鉄分」というのは、その熱中の度合いを表す表現です。

「鉄分が高い」というのは「高いレベルの鉄道オタク」という意味になりますね。

1号がまだ幼いころ、ハイレベルな鉄ちゃんでした。

自宅近くを走るJRの電車の車体を遠目に見ただけで、その車両の番号を答えられるレベルでした。

家には鉄道の絵本がたくさんあって、その全てのページを暗唱できるレベルでした。

プラレールでいろんな種類の鉄道車両が我が家にあって、それを走らせることでめっちゃテンションを上げて喜んでました。

子どもが熱中しているものについて、親も一緒になって見たり買ったりするものですから、いつの間にか少し詳しくなっちゃうのはよくあることですよね。

新幹線

そんな中で、わたしは新幹線に興味を持ったんです。

0系

0kei

0系新幹線です。最初に作られた新幹線ですね。

100系

100kei

これは100系新幹線。0系と比べて、目が切れ長です。少しイケメンです。

300系

300kei

300系です。それまでの新幹線とはデザインが一新され、丸い鼻が無くなりました。

700系

700kei

700系です。カモノハシのようなフォルムが特徴。

N700系

N700kei

700系を土台に、高速性と快適性を追求して開発されたのがN700系です。現役の「のぞみ」ですが、今後はN700A系にシフトしていくとのこと。

でもね。わたしが大好きな新幹線は、こいつらじゃないんです。こいつら見てもワクワクしないんです。テンションが上がらないんです。

500系

500kei

これですよ、これ!これが500系新幹線です。

どうですか、これ!異端でしょ。今までの新幹線と全然違います。

白くて清潔感のある優等生じゃ、ワクワクしないんですよ。

車体は青に黒にグレー。ツッパってます。

この写真じゃ分かりにくいんですが、めっちゃ鼻が長いんです。

飛行機に対抗し、高速化を至上命題に掲げて開発されたのがこの500系。だから、スタイルはほぼジェット機ですよ。320km/h営業を前提に開発されてるんです。

そのため、居住性などが犠牲になってるんですけど、そんなものはどうでもいいんです。速ければいいんです。

特異な形状のため、他系列の新幹線といろんなものが共有できないんですけど、そんなものはどうでもいいんです。速ければいいんです。

あと、足がついていないんですけど、あんなものは飾りです。偉い人にはそれがわからんのです。

500系がこだま

500系の後に出た700系は最高速度が275km/h。スピードを抑えた開発だったため、500系最速は守られました。しかし、その次のN700系は300km/hを達成。実際には300km/hが最高速度だった500系に並びます。すると、居住性に優れたN700系の方が有利。500系、ピンチです。

2007年にN700系が営業運転を開始し、500系は2010年2月に「のぞみ」からリストラされました。

そして、あろうことか「こだま」での運用が決まってしまったのです。

城南高校の卒業生に、かなり鉄分の高い男、H君がいます。わたしは彼を「国鉄総裁」と呼びます。

彼が学校に遊びに来たとき、わたしは彼に聞いてみました。

わたし
500系が「のぞみ」で運用されていることについて、どう思うかね。

すると彼は、苦虫を噛み潰したような表情で答えてくれました。

国鉄総裁
屈辱でしかないっすよ!

そうなんです。そうなんですよ。わたしは彼と固い握手を交わしました。

300km/h出せる500系が、各駅停車のこだまでどんな活躍ができるってんでしょう。

博多駅に行くと、ごく稀に「こだま」として働く500系の姿を目にすることがあります。

なんだか切ない気持ちになりながら、その500系の姿にテンションが上がるんです。

あ、わたしは鉄ちゃんではありませんので。

雑感

Posted by Hirota