アクティブラーニングを実践する気がしないんですけど。




学校の先生って、授業をするんです。当たり前ですけど。

アクティブラーニング

11742947_933700526708424_6700028812451989034_n

最近、授業のあり方について話があるときは、とにかく「アクティブラーニング」。こればっかりです。

「授業改善」とか「授業改革」とか。授業をアクティブラーニング化することが「改善」であり「改革」なんだそうです。

アクティブラーニングとは

アクティブ・ラーニング(Active learning、アクティブラーニング)は、学修者主体の学習手法の一つであり、学修者が能動的(アクティブ)に学修(ラーニング)に参加する学習法の総称である。
最近の日本(特に学校教育を司る文部科学省)で、いわゆる知識詰め込み+問題練習(演習)授業では「新しい学力観」の目指す「自ら学ぶ力」をつけることができないという反省から、推進されている。
Wikipedia アクティブ・ラーニング

従来の教師が黒板に向かってチョークで書き、しゃべり、教える授業ではなく、生徒たちが能動的に動き、考え、自らの力で問題を解決するように働きかける授業形態です。

アクティブラーニングを実践することが正義。従来型の授業をする教員は悪!みたいな雰囲気をひしひしと感じます。

アクティブラーニングの何が良いのか

アクティブラーニングが推奨されるようになって、そんなに長い時間が経ったわけではありません。

なのに、猫も杓子もアクティブラーニング。アクティブラーニングを実践し、発展させることが大前提になってます。

でもね。アクティブラーニングって本当にいいんですか?どのくらい効果があるものなんですか?どんな実績があるんですか?

実は、そのあたりが全く検証されていないんですよ。検証することもなく、アクティブラーニングをすることが目的になっちゃってます。

ゆとり教育の教訓を忘れたか

日本は、「ゆとり教育」という闇の10年間を経験しました。

本当に良いものなのか、本当に効果があるものなのか、分からない状態でゆとり教育を導入し、10年後に「ゆとり教育は間違ってました」の結論。

教育界の発展のためにはいい勉強になったのかもしれませんが、その10年間に教育を受けた若者たちはただの犠牲者です。

その犠牲の上で得た教訓を、完全に忘れてませんか。

10年経って「アクティブラーニングは間違ってました」ってならないんですか?

確かに生徒の反応は変化する

アクティブラーニングを実践すると、確かに生徒の反応は変わるんです。授業に動きが出ますし、よく意見を交換しますし、目が活き活きしてます。

でも、「だからいい!」はあまりにも短絡的すぎますよね。

授業に動きが出ることは、良いことなんですか?それは何故ですか?

意見を交換することは、良いことなんですか?それは何故ですか?

目が活き活きするのは、良いことなんですか?うちの息子どもは宿題をするときは目が死んでますが、妖怪ウォッチのゲームをするときの目は活き活きしてます。でも、妖怪ウォッチで学力はつきませんし、立派な人間にはなりません。

生徒の反応が変化するからといって、それが本当にいい方向に変化しているかどうかは別問題ですよね。

生徒の声

3月まで授業で教えていた生徒と話す機会があったんです。

わたし
新しい学年になって、授業で教えなくなったけど、今度の数学の先生はどう?

生徒
ヒロタ先生と真逆ですよね。今度の先生は生徒同士で話し合いをさせて、解決法を考えさせて、っていうスタイルなんです。ヒロタ先生は、とにかくガンガン喋りまくる。

わたし
・・・やっぱ、喋りまくるのってダメか?

生徒
いえ、そうじゃないんですよ。ヒロタ先生は一方的に喋りまくるんですけど、先生の授業を聞いていると元気になるんですよね。なんだか、やる気になるっていうか。

わたし
ほう。

生徒
そして、ヒロタ先生は生徒に確実に分からせるでしょ。分かっちゃうから、できるような気になっちゃうんですよ。

わたし
・・・ダメじゃん。

生徒
でも、先生は「できない」ってことも実感させてくれるじゃないですか。だから「できない」から家で「できる」ようになろうと勉強する気になるんです。話し合ってお互いに教え合う授業が悪いわけじゃないですけど、僕はヒロタ先生の授業が好きですよ。

まあ、わたしとサシで話をしていたので、お世辞もたくさん含まれてるとは思いますが。

実践者の話

実は、実践している人の話を聞いたことがあります。

アクティブラーニングを実践して、従来型の授業と比べて生徒の学力の伸びを比較したところ、ほとんど差は見られなかったんだそうです。

つまり、従来型の授業でも、新しい取り組みでも、得られる成果は同じ。

成果が同じならば、新しいことをやった方がいい、というお話でした。

このお話に賛同する方は、アクティブラーニングをガンガン実践し、研究し、推し進めていくと良いと思います。

アクティブティーチングで頑張る

わたしはアクティブラーニングに関しては完全に後ろ向きです。

授業は教師の舞台です。わたしの授業で元気になる生徒がいるのなら、わたしは喋り続けます。演じ続けます。教え続けます。

アクティブラーニングは生徒がアクティブに学ぶ授業。

わたしはアクティブティーチングで頑張ります。教師がアクティブに教える授業。こんな従来型の授業でわたしは育ちましたし、間違ってないと思ってます。

みなさんはどう思われますか?