Amazonで雑誌の検索をしたら歴史を感じる結果になった




わたしは毎月、「近代柔道」という雑誌を購入しています。

残念ながら、近所の書店にはあまり置いていないんですね。

ですから、Amazonで毎月注文しています。

書籍の配送は基本的に送料無料ですから、書店で買うのと大差ありません。

家まで配達してくれる点を考えると、書店に行くよりもAmazonの方がいいっすね。

予約注文

Amazonの雑誌って、予約注文ができるんです。

この記事を書いているのが2017年11月6日。

近代柔道の12月号の発売日が2017年11月22日。

それが、今日の時点で注文できます。

わたしはこの予約注文を使って、毎月近代柔道を購入しています。

予約商品の価格保証

雑誌って、販売価格が変わることがあるんですよね。

Amazonの「予約商品の価格保証」は、商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中にAmazonでの販売価格が変動した場合、その最低販売価格で購入することができるんです。

例えば、今日の時点で2017年12月号の価格が930円なんですが、何らかの事情で12月号が1000円になっちゃったとしても、注文時に930円だったんだから、その金額で売りますよ、ってやつです。

逆に、何らかの事情で12月号が800円になっちゃった場合、安くなったんだから、その安い金額で売りますよ、ってやつです。

これって、お得以外の何物でもないですよね。

予約開始

わたしが予約注文をするのって、いわゆる「今月号」が手元に届いたときなんです。

忘れないように、最新号を読んだら次の号を予約する、っていうマイルールにしているんです。

でも、1ヶ月前の時点ではAmazonで検索しても出てこないことが結構あるんですよね。

予約注文が完了するまで、毎朝「近代柔道」で検索してます。

2017年12月号は、11月3日に注文することができました。

12月号を探していたら

12月号を探していたら、おもしろいことが起こったんです。

基本、「近代柔道」で検索するんですが、12月号が欲しかったので「近代柔道 12」と検索してみました。

すると、過去十数年にわたる近代柔道12月号がズラリと検索結果に現れたんです。

こりゃあ柔道のライフログだ

これね。すごいっすよ。

過去十数年にわたって、柔道界で11月ごろに起こった大きなのイベントが一目で分かっちゃいます。

なんせ、柔道の雑誌の表紙ですからね。

これを見ると、移り変わりの激しさを実感しますね。

ああ、わたしも年をとるはずだ、と。

2016年

国士舘大が9年ぶりに優勝!

2016年はまだ1年しかたっていませんからね。

ほんの最近です。

全日本学生体重別団体で国士舘大が9年ぶりに優勝。

この近代柔道は、我が家にもあります。

2015年

2020東京五輪世代が躍動!

この年も全日本学生体重別団体ですね。

表紙はウルフ・アロン選手。今や世界チャンピオンです。

2014年

近藤亜美 世界ジュニアも制す!

この時期には世界ジュニアもあります。

2014年は近藤亜美選手が金メダルを手に笑顔で表紙です。

2013年

中村美里 復帰戦でV!

2013年は講道館杯で復帰Vを果たした中村美里選手が表紙です。

この年の講道館杯の優勝メンバーを見ても、若干隔世の感があります。

2012年

井上康生 全日本男子代表監督に就任!

井上康生監督が代表監督に就任したのって、2012年だったんですよね。

つい最近のことだと錯覚しちゃいます。

押しも押されぬ名監督ですよね。

2011年

東海大、2年ぶり6回目の優勝!

2011年も全日本学生体重別団体の写真です。

表紙に並んでいる選手の名前も「懐かしい」と思える名前が増えてきました。

2010年

筑波大、7年ぶり2回目の栄冠獲得!

この年も全日本学生体重別団体。筑波大学です。

森下純平選手が大学生のときですね。若い!

2009年

東海大、無差別に続くタイトル奪取 決めた!

この年も全日本学生体重別団体。東海大学が全日本学生柔道優勝大会に続いて体重別団体でも優勝です。

残念ながら、写真では誰が投げていて、誰が投げられているのかは分かりませんでした。

2008年

明治大、8年ぶりの優勝!

この年も全日本学生体重別団体ですが、右下に小さく「石井慧、プロ転向を表明!」。

そっか、北京五輪の年だ!

2007年

棟田康幸

世界チャンピオン・棟田康幸のインタビューです。

金メダルを手に笑顔の棟田選手。懐かしすぎです。

2006年

穴井兄姉、感激のアベック優勝!

全日本学生体重別、個人戦の方ですね。

穴井隆将選手と妹の穴井さやか選手がアベック優勝。

すごいですね。穴井隆将選手が大学生ですよ。

雑誌のバックナンバー検索はおもしろい

こんな感じで、雑誌のバックナンバー検索ってめっちゃおもしろいです。

中を読んだらもっとおもしろいんだろうな、と。

雑誌のバックナンバー検索、おすすめです!

書籍

Posted by Hirota