7日目 声のトーン【30日間1日1回朗読生活】




7日目

「30日間1日1回朗読生活」7日目です。

詳しくはこちら。

声のトーン

30日間1日1回朗読生活を始めて今日で7日目。一週間がたちました。

息子1号に言われましたよ。

1号
父ちゃん、今日も朗読してたの?毎日ちゃんと続いてるね。

そうです。続いてるんです。

息子ですら途中でやめると思ってたみたいで。

なめんじゃねえよ、バカヤロウ。

さて、今日は仕事、つまり授業をしているときに「ゆっくり」「聞き取りやすく」を意識してしゃべってました。

でもね。授業で説明をしていると、ついついヒートアップしちゃうんですよね。

そして、気が付くと早口になっているんです。

いつ気が付くかというと、噛んだとき。ゆっくりしゃべってたら、噛むはずないんです。

そして、気が付いたときに、ふと気が付いたんです。

・・・声のトーンが高い!

興奮して、早口で急いでしゃべっているときって、声が高くなってるんです。

わざと低い声でしゃべっていたつもりだったのに、気が付くと声が高くなってました。

外郎売を読んでいるときも、早口言葉パートになるとついテンションが上がって、声のトーンも高くなりがち。

気をつけて読みたいですね。

では、7日目の朗読です。

7分2秒

初日のタイムが6分54秒。

2日目のタイムが6分17秒。

3日目が6分28秒。

4日目が6分2秒。

5日目が7分37秒。

6日目は7分24秒。

今日は7分2秒でした。

また早くなってる。だめじゃん。

昨日は一昨日よりも13秒早かったのに、それよりさらに22秒早い。

わたし自身の意識としては、昨日よりも冷静に落ち着いて読んだつもりだったんですよ。

でも、間違いなく早くなってる。授業でもこんな感じなんだろうな、と。

まだまだ課題はたっぷりです。30日間でどれだけ上手になるか。

落ち着いて、ゆっくりと、丁寧に明日も頑張ります。