小さいことは気にしない




減量部再開から6日目。こんにちは。減量部部長のヒロタです。

今日はいきなり計測結果を発表します。

計測結果

さあ、いきなりの計測結果です。

それでは、今日も体重計にライド・オン!

そして、ルック・アット・デジタル!

95.1kg!(99.7kgから4.6kg減、昨日から500g)

ついに増えました!来たぜ、停滞期!

小さいことは気にしない

いやあ、増えましたね。

言い訳するわけじゃありませんけど、別に何もやましいことはしていませんよ。

買い食いした訳じゃないし。

食事を食べすぎた訳じゃないし。

こっそり飲み食いした訳じゃないし。

減量とかダイエットとかすると、必ずこの「停滞期」ってのが訪れるんですよ。

何も食べてないのに、何も飲んでないのに、昨日と同じように行動しているのに、なぜか体重が減らない。

体重が減らないどころか、逆に増えてる。

この「停滞期」に心を折られるようじゃ、減量部部長の名が廃るってもんです。

飲めば増えるし出せば減る

計量直前に水をコップ1杯飲めば200グラム増えます。

炭酸水をペットボトル1本飲めば500グラム増えます。

計量直前にトイレに行っておしっこすれば、200グラムくらいすぐ減ります。

うんちでもすれば、500グラムくらいすぐ減ります。下手すりゃ1キロ減っちゃう。

当たり前中の当たり前。もうね、500グラムとか1キロとか、誤差ですよ、誤差。

明日のハードル

その誤差を気にして、計量前に急いでトイレに行って、少しでも少ない体重の数値を出す。

そんなことしても、明日のハードルが上がるだけじゃん。

やましいことはしていないんだから、少々体重が増えてたところで気にしない。

毎日計測ってそういうことでしょ。

「痩せた」と言われた

それよりも今日、「痩せた」って言われたんです。

2回も。

歓喜ですね。

柔道部の女子部員

1回目は、うちの高校の柔道部員の女子。

あ、わたしが務めている高校の柔道部、いま女子部員が居るんです。二人。

3年生が引退して、部員はその2人の女子だけなんですが、今日の練習が始まる前に
女子部員
あれ、先生、痩せませんでしたか?
ひょっとしたら、このブログを読んでて、気を遣ったのかな、とも思いつつ
わたし
あ、いや・・・。少しね(^^)
さあ、練習!行けぇ!
って流しときましたけど、心の中では世界チャンピオンにでもなったようなガッツポーズですよ。

うちで飼ってる嫁

2回目は、仕事から帰ってきて、嫁が一言。
あれ、父ちゃん、少し痩せたね。
これについては、さほど嬉しいわけでもなく。

とにかく気長にへこたれず

とにかく、500グラムや1キロの誤差で一喜一憂することなく、気長にへこたれず、減量部やっていきます。

これからも応援、よろしくお願いします。