Kindleを買って良かった4つのポイント|Kindleオーナーライブラリーがなかなか素敵です




7月にKindleを購入し、まだ2ヶ月足らずですが、大変重宝しています。

電子書籍リーダーKindle

IMG_0429

Kindleで本を読んだことありますか|かなりのスグレモノです

このKindleを使ってみて、その素晴らしい点をまとめてみました。

電子ペーパーは読みやすい

Kindleの画面は「電子ペーパー」です。液晶とは違います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC

あくまでも私見ですが、液晶画面よりも電子ペーパーはすごく読みやすく感じます。

スマホやタブレットの液晶画面で読むよりも、電子ペーパーのほうが疲れません。「より紙に近い」という感じですね。

また、電子ペーパーは液晶と比べてかなりの省電力。充電は週に1回もしていませんよ。

液晶は、表示している間はずっと電力を消費しているのに対して、電子ペーパーは表示を書き換える時だけ電力を使うからなんです。

軽い

Kindleそのものが軽いんです。タブレットのような重さはありません。

悪く言えば、すごく安っぽい。こどものおもちゃみたいな手触りです。

この軽さの中に、数千冊の本を入れることができます。

数千冊の本を持ち歩くのに、左手の親指と人差し指でつまんで持てるんです。

Kindleの中にダウンロードしておけば、読むときにはネットにつながっている必要はありません。

家の本棚全部を指でつまんで持ち歩ける感じです。

本が安い

紙の本に比べて、Kindle本は割安です。

例えばこの本です。この記事を書いている時点での価格は、紙の本が1512円。ところが、Kindleだと672円なんです。

なんと840円もお得。半額以下で買えます。

また、Kindle本は「日替わりセール」「月替りセール」が実施されていて、毎日、毎月、次々とお得な価格で電子書籍を売ってくれます。この日替わり、月替りを眺めるだけで、読書のきっかけになるんです。

Kindleオーナーライブラリー

Kindleオーナーライブラリーというシステムがあります。

これは、「Amazonプライムに加入」「Kindleを所有」という2つの条件を満たしていれば、月に1冊無料で読むことができるというシステムです。

誤解のないように。「月に1冊無料でもらえる」ではありません。「月に1冊無料でレンタル」が正しい解釈ですね。

次の月の1冊を選んだら、前の月の1冊は端末から消えてなくなるんです。だから、月に1冊「レンタル」という感覚。

Amazonプライムは年会費3900円。しかし、プライム会員は、Kindleを買うときに3900円割引なんです。この時点で、年会費はチャラです。

プライム会員は、Amazonで買い物をすると送料が無料になる商品がたくさんあります。この送料の分だけでもかなりお得。

さらに、Kindleオーナーライブラリーです。1冊2000円近くするような本もライブラリーの中にあり、これを1ヶ月に1冊読めるとなると、かなりお得。おすすめです。

とりあえず、無料でお試しできるみたいですので、ぜひ試してみては。

Amazonプライム width=

とにかくKindleはいい!

Kindleを買って、あまり本を読まなかったわたしが本を読むようになりました。

これ、生活が変わりますよ。習慣が変わります。つまり、人生が変わりますよ。

読書の習慣をつけようと思っている方がいらっしゃれば、ぜひ、Kindleをお試しください。本当におすすめです。

書籍, 物欲

Posted by Hirota