クリスマス・イブの「イブ」ってなに?常識を取り払って理解できました




クリスマス・イブの「イブ」はイブニングです。

クリスマス・イブ

bffa39e466e7538578240151453e5590_s

クリスマスは、毎年12月25日にイエス・キリストの誕生を祝って行われるミサです。

イエス・キリストの誕生日だという説は間違っているんだそうですね。

その前日である12月24日はクリスマス・イブとして、一般的年中行事として楽しまれています。

イブって?

じゃ、その「イブ」ってどういう意味なんでしょうね。

息子1号
父ちゃん、クリスマスイブの「イブ」って何?

わたし
イブは、「evening」の「eve」だ。

息子1号
女子柔道部物語?

わたし
じゃ、来年の夏までプレゼントはおあずけだな。

息子1号
違うということは分かった。じゃ、なんだろう。頭痛薬?

わたし
クリスマスの前の日には、みんなはしゃぎまくって飲み明かして二日酔いで頭が痛くって・・・ってこら!

息子1号
「evening」って「夕方」でしょ?クリスマスの夕方なら25日の夕方なのに、なんで24日なの?

わたし
大人の事情だ。それより、宿題は終わったのか?

息子1号
子どもの事情で、終わってない。

ということで、調べてみました。

ユダヤ教の暦

「クリスマスの日の夕方」ならば、確かに12月25日の夕方です。

一日は深夜0時に始まり、1日後の深夜0時に次の日に変わります。常識です。

この常識に縛られることで、わたしたちは大切な真実に気付かないことが多いんです。

キリスト教に先立つユダヤ教では、一日の始まりを「日没」としています。

18時に日が沈むことにしましょう。日没が一日の始まりですので、18時に次の日になります。

12月24日は18時で終わり。夕方の18時からは12月25日なんです。

私たちの常識では、一日は深夜→朝→昼→夕方→夜→深夜→次の日と流れていきます。

しかし、ユダヤ教の暦では、一日は夕方→夜→深夜→朝→昼→夕方→次の日なんです。

つまり、私たちの世界での12月24日の夕方は、ユダヤ教の暦では12月25日の夕方なんです。だから、クリスマスの日の夕方、つまりクリスマスイブなんです。はい、納得!

今日はクリスマスイブだから

朝、通勤前にテレビから聞こえてきた言葉です。

アナウンサー
今日はクリスマスイブです!

嫁も言ってました。

今日はクリスマスイブだから・・・

生徒も言ってます。

生徒
今日はクリスマスイブなのにどうして学校が・・・

みんな、ちげえよ!「今日はクリスマスイブ」ではなく、「今日の夕方からクリスマスイブ」なんです。昼間は何の関係も無し!

せっかくですので、クリスマスにアンケートに答えて景品をもらっちゃいましょう。

サンタのプレゼントキャンペーン!アンケートで豪華賞品・金券をプレゼント!
 width=

知恵

Posted by Hirota