/* アクセス解析(Google Analytics 等)の Javascript は、?> 以降に書いてください。 (Javascript of Access analysis (Google Analytics etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

対偶の真偽のお話について解決させましょう




先日の対偶の真偽についてのお話を解決させます。

http://hiro365.tarohiro.com/2016/03/24/taigu/

対偶の真偽

11144459_923959384349205_310709862707758923_n

このお話は、前回の記事の解答、解説です。

前回の記事を読んでいらっしゃらない方は、先に読んできてくださいね。

http://hiro365.tarohiro.com/2016/03/24/taigu/

それでは、広告を挟みます。

それでは本題

それでは本題に入ります。

「怒られなければ勉強しない」という子がいる。

つまり、ある子どもについて、「怒られない ⇒ 勉強しない」が真であるという状況です。

この命題の対偶は、「勉強する ⇒ 怒られる」であり、これも真であることになります。

これは、何がおかしいのでしょうか、という内容でした。

時制

数学では、三角形ABCが二等辺三角形だったら、その問題のあいだはずっと三角形ABCは二等辺三角形です。

特別な条件があれば別ですが、途中で正三角形に変わったりはしません。

二等辺三角形「である」です。二等辺三角形「となる予定」ではないし、二等辺三角形「だった」でもありません。

つまり、数学の議論では現在、過去、未来といった「時制」を意識することが全く無いんですね。

時制を考えたら解決した

この問題、時制を考えたら解決したんです。

「勉強する ⇒ 怒られる」ではないんですね。

怒られなければ勉強しない彼が、今机に向かって勉強している。そうか、怒られたんだ。

そう、つまり「勉強している ⇒ 怒られた」と解釈するべきなんですね。

いかがでしょうか。