カスピ海ヨーグルトを豆乳で作ると口の中でシュワっとします




カスピ海ヨーグルト

わたしはもう10年以上、カスピ海ヨーグルトを食べ続けてます。

以前の記事はこちら。


普通に売っているヨーグルトは乳酸菌で牛乳を発酵させて作るんですが、40度以上の温度を長時間保たなければならないなど、なかなか作るのが難しいんです。

カスピ海ヨーグルトは発酵のための温度が比較的低くていいんです。冬でも室温で十分に発酵しますし。

そして菌が強いので、食べ終わる直前に少し残ったカスピ海ヨーグルトを種菌として、次のカスピ海ヨーグルトが作れるんです。何世代も繋げていけるんですよ。

最初の種菌は粉末で売ってあります。

わたしのリアル知人は、どうぞ声をおかけください。うちのカスピ海ヨーグルトを種菌として里子に出しますので。

豆乳で作ってみた

カスピ海ヨーグルトは牛乳で作るんですけど、豆乳でも作ることができるんです。

少し違った味わいになります。作ってみました。

用意したのは無調整豆乳。近所のスーパーで購入したものです。

100均ショップで買った、1リットルサイズの保存容器です。

これに大さじ2杯ほどの水を入れ、電子レンジで600Wで1分30秒。煮沸消毒です。

これをやっておかないと、雑菌が入ってヨーグルトがダメになっちゃいます。

アツアツの容器に、豆乳を100mlから200mlほど入れ、そこにカスピ海ヨーグルトを大さじ1杯入れます。

よく混ぜます。よ~~く混ぜます。

しっかり混ざったら、残りの豆乳をすべて入れて、フタをして放置します。

一日後

種菌を仕込み、一日後の様子がこれです。

完全に固まってます。大成功です。

ほら。液体だった豆乳が、こんな感じで固まってます。

豆乳だけに、豆腐みたいです。

実食!

豆乳で作ったカスピ海ヨーグルトは、牛乳で作ったものと比べると、酸味が強くなります。

通常のヨーグルトに比べると、カスピ海ヨーグルトはかなり酸味が抑えられていますので、それに慣れているとかなり違和感です。

でも、普通のヨーグルトだと思って食べると、酸味はノーマルですね。

舌触りはまさに豆腐の感じです。絹ごし豆腐の感じですね。味は違いますが。

そして最大の特徴は、シュワっとするんです。

最初に食べたときは、腐ってるんじゃないかと思いました。

シュワシュワするんです。おそらく牛乳に比べて発酵が激しいんでしょう。口に含むと炭酸水みたいにシュワっとした感覚があります。

この感覚はクセになるんですよ。わたしは美味しいと思います。

カスピ海ヨーグルトは牛乳で作ってとても美味しい食べ物です。

でも、豆乳で作っても大変おいしくいただけます。

間違いなく話のタネになるものです。ぜひ一度お試しくださいませ。

雑感

Posted by Hirota