【お詫び】ガラケー生活はとっくに卒業していました




ガラケー生活

脱・スマホ宣言

以前、docomoのスマートフォンを使っていて、不具合によって電話が全然使えない状態になったという記事を書きました。

わたしはスマートフォンそのものを見限り、ガラケーを使うことにしたんです。


そして、スマートフォンから解放された生活がいかに素晴らしいものか、スマートフォンが現代人の時間をいかに浪費させているか、ガラケーの生活がどれだけ日々の生活を充実したものにするかということを記事にしました。



これらの記事は、検索でこのブログに飛んできた方々に結構読まれているんです。

スマホ中心の生活に違和感を感じている人、ガラケーに戻ろうかと検討している人がたくさんいることの証です。

お詫び

ここでみなさんにお詫びを申し上げます。

わたくし、とっくの昔にガラケー生活を卒業しておりました!

このブログに訪問していただき、上記の記事を読んでもらい、少しながらも共感していただき、もしかしたらこのブログの影響でスマホをやめてガラケー生活を始めた方がいらっしゃるかもしれません。

申し訳ございません!わたしはガラケーを使っておりません!

ガラケーは電話機として素晴らしい

わたしのガラケー、携帯電話に対する考え方は、基本的に変わっていないんです。

携帯電話は電話機です。スマートフォンは電話機です。

電話ができなければ、話になりません。

電話をすることに特化したガラケーは、間違いなく電話機であり、その性能は素晴らしい。

さらに、コスト面でも文句なしにスマホより安い。

わたしが使っていたガラケーは、月々にかかっていた金額が1000円以下でした。

通信はモバイルルーター

しかし、この情報化社会です。外出先で全くネットに繋ぐことができないのはやはり辛い。

ですから、モバイルルーターを携帯し、ノートパソコンを使ってインターネットに接続して情報を得るようにしていました。

パソコンを開き、モバイルルーターの電源を入れ、取りたい情報を取る。

わざと手間のかかる方法にしました。これによって、ダラダラとネットに依存する「ダラネット」状態を防ぐことができます。

モバイルルーターが月々2000円程度でしたので、ガラケーと合わせて3000円程度。docomoやauでスマホを持つよりもずっと安く抑えることができます。

問題点の整理

わたしがスマホを見限った問題点を整理します。

  • 電話が落ちる。スマホは電話機でなければならない。
  • コストがかかる。月々6千円も7千円もかかっては・・・。
  • 時間泥棒。ダラネットはダメ。

これが理由でガラケー生活をしていたんですが、ガラケー生活に問題が無かったわけではないんです。

  • 多くの人が連絡手段がLINE。ガラケーでは使えない。
  • ガラケーでのメールはやはり打つのが大変。
  • ダラネットがダメとはいえ、外でパソコン取り出して物を調べるのは面倒すぎる。

こんな不満も少しずつ湧いてきたわけなんです。

嫁のiPhone

嫁がiPhoneを使っています。当時はiPhone6でした。

ふと使わせてもらったとき、すごく使いやすかったんです。

わたし
・・・iPhoneって、こんなに使いやすいの?これって電話がかけられなくなったりしない?

前のスマホの話?あれはひどかった。iPhoneに変えてからは全く無いね。

わたしの中に「iPhone欲しい」という感情が芽生えた瞬間です。

iPhone購入

こうなると、加速がついちゃうんですよね。色々とiPhoneについて調べました。

そして、忘れもしない2017年3月1日。

福岡県の県立高校はほとんどの学校が3月1日が卒業式なんです。

生徒を卒業させ、その足で福岡市中央区天神のアップルストアに向かい、iPhoneSEを購入しました。

そう、docomoでもauでもSoftbankでもなく、アップルストアです。

アップルストアで、SIMフリーのiPhoneSEを購入しました。

SEを選んだ理由はサイズ。嫁の使っていたiPhone6は大きすぎると感じたんです。

使っていたガラケーとあまりサイズが変わらない。この理由でiPhoneSEにしました。

ガラケー生活は1年半で終わりを迎えました。

SIMカード契約

アップルストアで購入したiPhoneにはSIMカードが入っていないので、ただの文鎮です。

その日は多忙のため、iPhoneはそのまま放置。

翌日3月2日はタンスの角に足の小指をぶつけてしまい、iPhoneはそのまま放置。

その翌日の3月3日は豆腐の角に頭をぶつけてしまい、iPhoneはそのまま放置。

3月4日(土)に、ようやくガラケーのMNP予約番号を取り、近所のイオンに行って、「イオンモバイル」と契約しました。

・・・いや、要するに2日と3日は普通に勤務で、勤務が終わってからイオンに行っても契約できる時間を過ぎちゃってたってのが本当の理由なんですけどね。



問題点の解決

わたしはガラケー生活を卒業し、スマホの生活に足を踏み入れました。

スマホに問題点を感じていたのが、どのように解決されたのか、書いておきますね。

電話が落ちる。スマホは電話機でなければならない。

iPhoneはこの点については全く問題が無いみたいですね。

ていうか、ありません。すでに8か月ほど使っていますが、通話できずに落ちちゃったなんてことはただの一度もありません。

iPhoneは電話機です。大丈夫です。

コストがかかる。月々6千円も7千円もかかっては・・・。

わたしが契約したイオンモバイル、音声通話あり、通信量6GB/月で1980円/月。

大手キャリアならこの3倍は取られますよね。格安です。

現在、月6GBは完全に余っちゃってる状態。余った分は翌月に繰り越しできますので、毎月1日には12GB残ってる状態です。

外出先でパソコン使うときも、モバイルルーターの代わりにiPhoneでテザリングできます。

あ、モバイルルーターは8月いっぱいで2年縛りが終わって満期解約です。

多くの人が連絡手段がLINE。ガラケーでは使えない。

これは本当にiPhoneに変えて良かった点ですね。

いろんな方との連絡がスムーズになりました。

それと、LINEの無料通話。すごいっすね、これ。

以前と比べて音の品質がケタ違い。全く問題ないですよ。

通話はほとんどLINEです。ですから、電話代はほとんどかかりません。

LINEでつながらない相手でも、相手がiPhoneだったらFace Timeが使えます。

Facebookじゃなくて、FaceTime。iPhone同士なら無料で通話ができる機能です。

ガラケーでのメールはやはり打つのが大変。

これもそう。iPhoneに変えて、文字を打つのがすごく楽になりました。

ただ、やはり文字を打つのはキーボードが優位。

キーボード>フリック入力>>>>>ガラケー ですね。

時間泥棒。ダラネットはダメ。

はぁ?それはどこの国の言葉ですか?

・・・まあ、ダラネットする時間は確かに増えました。反省点です。

やはり、スマホが時間泥棒なのは間違いない事実。この問題点に関しては解決できていません。

iPhoneとAndroid

以前はAndroidを使っていました。

現在のAndroidがどのくらい進化しているのか、わたしは知りません。

しかし、わたしが知っているAndroidと比べると、iPhoneは完全に別物。

iPhoneの圧勝です。

「カスタマイズが」とか「自由度が」とか「機種の種類が」とかいろいろ言われますよね。わたしも言ってました。

でもね。どうでもいいですよ。そんなもの。

カスタマイズなんかするから、電話が落ちたりするんですよ。自由度が高いから、何でもできちゃう。だから不具合もついてくる。

機種が少ないから、アクセサリもみんなで同じものが使える。だからどこにでも売ってるし、どこででも買える。

iPhoneを使って、そのことに気づきました。

快適です

とにかく、いまの生活は快適です。

難点は全くないことはありませんが、満足しています。

ガラケー生活を卒業し、iPhoneを使うようになって、日常の価値が上がりました。

物欲

Posted by Hirota