「建国記念日」と「建国記念の日」の違い




2月11日は建国記念の日です。

2月11日

aff82aab75ad7cca2816b8c5fa45e7cd_s

2月11日は建国記念の日。国民の祝日です。

日本の建国を祝う日で、昭和41年に制定されました。

建国記念日

世界中の国々で、それぞれの国の建国を祝う「建国記念日」が制定されています。何をもって建国記念日とするかは国によって様々です。

日本では、初代天皇・神武天皇の即位の日が日本書紀に「辛酉年春正月庚辰朔」つまり紀元前660年1月1日(旧暦)とあり、その即位の日を明治時代に新暦に換算した日付が2月11日ということで、この日を建国記念の日としています。

明治6年に、2月11日は「紀元節」と定められ、祭日となりました。しかし、第二次世界大戦後、GHQの意向で廃止されました。その後、復活の動きが高まり、昭和41年に国民の祝日として制定されて現在に至っています。

建国記念日?建国記念の日?

ここまで読んで、「建国記念日」と「建国記念の日」を使い分けているんですが、どう違うのかお分かりでしょうか。

実は、GHQによって廃止された後、紀元節復活に向けての動きの中で、当初は「建国記念日」を制定する動きだったんです。しかし、建国記念日を制定する法案はことごとく退けられ、実に9回の提出と廃案を繰り返しているんです。

そして昭和41年、「建国記念の日」を定める祝日法改正案が成立しました。

「の」の有無で何が違うのか

「建国記念日」は世界各国で祝日に制定されています。日本では「建国記念の日」です。

「天皇誕生の日」とは言いません。「憲法記念の日」とは言いません。

「勤労感謝の日」とは言います。「成人の日」「文化の日」「敬老の日」など、「の」がつく祝日もたくさんあります。

日付が特定できる日を祝日とするときは、「の」を付けないことになっているんです。今上天皇の誕生日は12月23日。事実であり、日付が特定できます。日本国憲法施工の日は5月3日。歴史的事実です。

「建国記念日」に反対した人々は、神武天皇即位の日が2月11日だと特定できない、と主張しているんですね。

賛成派
建国記念日を制定しよう!2月11日!異論は認めん!
反対派
2月11日って神武天皇即位の?ホントにいたかどうか分かんない人じゃん。ダメだよ、認めない!
賛成派
すった
反対派
もんだ
賛成派
すった
反対派
もんだ
賛成派
じゃ、「建国記念の日」にして、建国されたという事象そのものを記念する日を祝うということでどう?
反対派
う〜ん・・・
賛成派
国民として、国ができたことをお祝いするって、当然じゃね?
反対派
まあ、いっか。
賛成派
じゃ、2月11日ってことで。

建国をお祝いする

ということで、2月11日は建国をお祝いする日です。

法的には「建国記念の日」です。

神武天皇は居たんだ!古事記や日本書紀は日本の正史だ!

という右巻きの人は「建国記念日」と言います。

古事記や日本書紀は作り話だ!記紀(古事記・日本書紀のこと)を肯定することが軍国主義に繋がり、戦争に繋がる!

という左巻きの人は「建国記念の日」と言います。

わたし?どっちでもいいじゃん。素直に日本の建国をお祝いしましょうよ。紀元節に。

雑感

Posted by Hirota