ヘッドフォンのイヤーパッドを交換してみた




コロナ騒動

新学期が始まりません

コロナ騒動真っ最中です。

とっくの昔に始まっているはずの新学期が、まだ始まりません。

生徒は自分のクラスしか知りません。授業なんてとんでもない。

生徒が来なくても

生徒が来ない学校、みなさんはどんな風に想像しますか?

「生徒が来ないから、学校の先生って何もすることがないよね」なんて、ときどき聞こえてくるんですけど、とんでもないっすよ。

生徒が学校に「来ない」のではなく、「来たくても来られない」状況。

そんな中で、生徒の学力をどうやったら遅れないようにできるか、めちゃめちゃ考えてるんです。

無観客授業を絶賛実践中

わたしができること、それは授業しかありません。

だから、前の記事にも書いたように、無観客授業をやってます。

問題を解き、スマホで撮影し、編集し、アップロードする。

ただひたすらにこの繰り返しです。

無観客授業の編集

無観客授業で最も時間がかかるのが、この工程。

生徒がいれば、生放送で授業をして、それで終わり。

授業で計算ミスをしたり、言い間違えたり、噛んだりすることもありますが、そんなのは「ゴメン」で済むことです。

でも、動画で公開する以上は、体裁を整えておかなきゃでしょ。

だから、編集するんです。自分で撮った授業を、全部見直します。

噛んでる箇所はカットします。書き間違いや言い間違いはテロップ入れます。

編集は、授業の実時間の2倍くらい、時間がかかってます。

ヘッドフォンが必需品

自分で撮った授業を自分で見るとき、音声が周囲に聞こえるのってすごく恥ずかしいし、周りからしたら迷惑ですよね。

だから、ヘッドフォンが必需品です。

以前の記事にも書きましたが、わたしはイヤフォンが出来ないので、ヘッドフォンを愛用してます。

ヘッドフォンがボロボロ

わたしの使っているヘッドフォンです。

めっちゃボロボロ。イヤーパッドの合皮の部分が破れて、スポンジがむき出しです。
見るも無惨。
こちらは有線のやつ。学校で使ってます。

こちらも無惨。

イヤーパッドの交換

ヘッドフォン自体は、全然大丈夫なんです。壊れてません。

イヤーパッドだけの交換って、簡単にできるんですよ。やってみました。

アマゾンでイヤーパッドの購入

ヘッドフォンの型番と、「イヤーパッド」で検索すると、いくらでも出てきます。

わたしはアマゾンで購入しました。
こちらは学校用のやつ。サイズが違います。
イヤーパッドの真ん中の丸い穴から内側に向かって指をねじ込み、写真のように外側をむしるように引き剥がすと、イヤーパッドを取り外すことが出来ます。
上が新しいもの。下がボロボロ。
先程引き剥がしたときに、イヤーパッドが引っかかっていた溝が確認できるかと思います。

その溝に新しいイヤーパッドを引っ掛けていくだけ。

ただ、なかなかうまく入りません。結構力を入れて、伸ばしながら入れていく感じです。
取り替え完了。めっちゃ快適です。
こっちも完了。新品同様です。

イヤーパッドで生き返るヘッドフォン

イヤーパッドがボロボロになっただけでは、ヘッドフォンは死んでません。

イヤーパッドの取り換えは、とても簡単。それだけでヘッドフォンが生き返ります。

ぜひ試してみてください。

雑感

Posted by Hirota